民進党は政権交代の主役ではなくブレーキである。

政権交代を実現するには「夢・希望・明るさ」が必要である。

いまの民進党を見て「夢・希望・明るさ」を感じる主権者はいない。
いまの民進党のイメージは「暗さ・狡(ずる)さ・曖昧さ」である。

この政党が前面に立つ限り、100年経っても政権交代は不可能である。

具体的に言えば
2030年原発ゼロすら即決できない
消費税廃止ではなく消費税増税推進を主張している。
集団的自衛権もTPPも反対と明言できない。

このような政党を、安倍政権を打倒する先頭に立つ党とはだれも認めない。

新潟の県知事選では、原発推進候補に肩入れした。
選挙戦の終盤になって、原発阻止候補が優勢であることが判明して、慌てて原発阻止候補の応援に駆けつけた。

この政党は政権交代の主役ではなくブレーキである。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む