しんぶん赤旗 2018年1月25日(木)
      
 またもや沖縄で米海兵隊普天間基地(宜野湾市)所属のヘリが不時着しました。今月だけで海兵隊ヘリの不時着は3回目と、あまりにも異常です。

安倍晋三首相は、普天間基地に代わる名護市辺野古の新基地について「飛行経路が海上となることで安全性が格段に向上」するなどと述べ、「移設工事を進める」とあくまで強行する姿勢を示しています(22日の施政方針演説)。

しかし、今回の不時着場所は、離島の渡名喜村です。普天間基地の海兵隊機が沖縄全域で県民の命を脅かしている現実は、首相の主張が詭弁(きべん)にすぎないことをまざまざと浮き彫りにしています。

「安全向上」はごまかし

 普天間基地の垂直離着陸機オスプレイやヘリは、沖縄全域で墜落や炎上、不時着を繰り返してきました。16年12月の名護市でのオスプレイ墜落後、久米島町、伊江村、石垣市、東村、宜野湾市、うるま市、読谷村、そして渡名喜村と、文字通り、全域に及んでいます。

 普天間基地を名護市辺野古に移したとしても、沖縄全域で県民が危険にさらされることに変わりはありません。「安全性が格段に向上」するなどというのは、沖縄の実態を全く無視した空論、極めて悪質なごまかしに他なりません。

続きを読む