No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

タグ:産経新聞

毎日新聞2018年2月10日 東京朝刊

 産経新聞が沖縄で起きた交通事故の際、「米兵が日本人を救出した」と報じた記事について「事実が確認できなかった」として削除した。

 昨年12月1日、沖縄市で車6台が絡む多重事故が起き、米海兵隊の曹長が横転した車から日本人を救った後、後続車にはねられて重体になった、というのが記事の骨格だ。

 同紙は元日の論説委員長論文でも「美談」として紹介し、米兵に「心から謝意を表したい」と書いた。

 残念ながらメディアは間違えることがある。だからこそ、私たちも他山の石として自戒したい。

 ただし、今回の産経記事が特異なのは、琉球新報と沖縄タイムスの地元2紙が米兵の行動を「黙殺」していると一方的に非難し、インターネット版では「メディア、報道機関を名乗る資格はない。日本人として恥だ」とののしったことだ。

 地元2紙は独自に検証した結果、米海兵隊から「救助行為はしていない」との回答があり、沖縄県警も事実を確認していないと報じた。産経が記事化に際して県警に取材をしていなかったことも分かった。

 8日の産経朝刊によると、記事は米兵の妻の「フェイスブックや米テレビの報道」が端緒だったらしい。基礎的な情報が集まる警察取材を怠ったというのは理解し難い。

続きを読む

【産経新聞は差別を生み出すヘイト新聞か!?】産経新聞コラムのウェブ版、「排他的」見出しに批判次々


産経新聞のウェブ版「産経ニュース」で、「日本を貶(おとし)める日本人をあぶりだせ」という見出しがついたコラムが配信され、ネット上で批判が集まっている。

あぶり出した後でどうしようというのか。こうした言葉が、排他的な言説を拡散し、増幅させることにならないか――。

 「あぶりだせ」の見出しは、10月19日付産経新聞1面コラム「産経抄」を産経ニュースが配信した際につけられた。
コラムは、「報道の自由度ランキング」で日本の順位が低いのは、「日本に対する強い偏見」に加え、「一部の日本人による日本の評判を落とすための活動」が助長しているためだ、などと批判する内容だ。紙面に見出しはついておらず、本文中にも「あぶりだせ」という表現はない。

7835a449b6fabac8f09f72a6ad194276以前から産経新聞は酷いと思ってましたが、ついに朝日が取り上げましたか。

もう産経新聞は、ヘイトスピーチ的な「ヘイト新聞」といって差し支えないんじゃないでしょうか。

自社のサイトで上げる分でもマスコミとして問題ありますが、ヤフーなどの大手サイトが産経新聞の記事を載せるのもどうかと思いますね。

ページビューで利益はあるのかもしれませんが、やはりモラルを逸脱したらおしまいだと思いますね。 

5
晴耕雨読 2015/1/6
山崎 雅弘氏のツイートより。

天皇陛下のご感想(新年に当たり)(宮内庁)http://bit.ly/14jjbM5

「この機会(終戦から70年という節目の年)に,満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び,今後の日本のあり方を考えていくことが,今,極めて大切なことだと思っています」

天皇陛下のご感想(英語版)(宮内庁)http://bit.ly/1BsjGxe

「日本のあり方を考える」という日本語は曖昧模糊としているが、英文の「我々がこの国の未来の進路(方向)について熟慮する上で」という表現の方が、天皇のメッセージの意味がより明瞭に読み取れるように思える。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

政府の機関紙化しているマスコミ紙が読売新聞と産経新聞であることは、言わずもがなである。

産経新聞は、フジサンケイグループ( 代表:日枝 久)、87社、4法人、3美術館、13,000名強の従業員からなる日本最大のメディア・コングロマリットの一員である。日枝氏というと、先日広島市の土砂災害の中、安倍首相とゴルフをしていた人である。また、度々安倍首相らと会食している。 

応援クリック、よろしくお願いします! 
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


 大阪では、福島の業者が納めた資材がアブナイからと、橋が架けれんようになっとると聞く。同じ関西の京都の五山送り火では、セシウムがちょこっと出たというだけで、岩手の松が突っ返された。

愛知では東日本大震災復興と銘打った花火大会で被災地の福島の業者が作った花火を、放射能まき散らす気か、とネジ込まれ、大輪の花を咲かすことができんかったのである。あまつさえ東京都が岩手のガレキ受け入れるのさえ反対した。

続きを読む

このページのトップヘ