PNG---1
愛媛県文書で示された助言内容とその後の結果

 学校法人「加計学園」による獣医学部新設を巡り、愛媛県職員らと柳瀬唯夫首相秘書官、内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(いずれも当時)の面会を記録した県作成の文書が、政府内でも見つかった。

県と今治市が国家戦略特区に申請するまでの経過と、文書の記載内容には符合する部分が多い。「記憶」を頼りに面会自体を否定し続ける政府側は、ますます苦しくなってきた。

 農林水産省で発見された文書は2015年4月3日付。その前日、愛媛県と今治市職員、加計学園幹部が藤原、柳瀬両氏と個別に面会した際に受けた助言を中心に記載されている。

 県と市は14年までに計15回、構造改革特区で獣医学部新設を申請し、いずれも却下された。

文書によると、藤原氏は「これまでの事務的な構造改革特区とは異なり、国家戦略特区の手法を使って突破口を開きたい」と述べ、遅くとも15年5月の連休明けから募集を開始すると学園側に伝えた。柳瀬氏も「国家戦略特区の方が勢いがある」と述べた。

 県職員は面会内容を中村時広知事に報告し、県は国家戦略特区申請に向けた提案書を策定する方針に転じた。

国家戦略特区の募集開始は15年4月28日。県と市が獣医学部新設を申請したのは6月4日だった。

続きを読む