No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

タグ:日米安保

琉球新報 2018年5月14日 06:30
キャプチャ.PNG-111
日米両政府によって強行される米軍基地の拡大や不平等な日米地位協定の抜本的改正を要求するとした大会宣言の後、参加者全員によって行われたガンバロー三唱=13日、宜野湾海浜公園屋外劇場

 沖縄が戦後の米統治下から日本へ復帰し46年を迎える中、基地なき平和な沖縄の実現を訴える「平和とくらしを守る県民大会」(5・15平和行進実行委員会、沖縄平和運動センター主催)が13日午後、宜野湾市の宜野湾海浜公園屋外劇場で開かれた。

11日から始まった5・15平和行進の参加者や県民大会に合わせて集まった人らを含め、主催者発表で約3500人が結集。沖縄の過重な基地負担解消などを訴えて気勢を上げた。

 主催者あいさつで実行委員長の山城博治沖縄平和運動センター議長は「辺野古埋め立てや先島の基地強化など、多くの課題がめじろ押しだ。全国の仲間や全県下の仲間と手を取り合い、力強く進む決意を新たにした」と強調した。

 県外からの参加者に連帯を呼び掛けた照屋寛徳衆院議員は「3日間の行進で実感したことを、全国で県境を越え、全世界で国境を越えて大きな連帯の闘いを作り出してほしい。県民は皆さんに同情を求めているのではない。真に自立する連帯を期待している」との思いを語った。

続きを読む

2017年1月31日(火)付

 安倍首相とトランプ米大統領が電話で協議し、日米同盟の重要性を確認した。2月3日にマティス国防長官が来日するほか、首相が訪米し、10日に首脳会談を開くことで合意した。

 日米関係は、アジア太平洋地域の平和と安定に資する「公共財」でもある。両国が矢継ぎ早の意見交換でそれを確かめあうことは、日米のみならず地域にとっても重要なことだ。

 一方で心配なのは、日本の防衛力強化に対する、首相の前のめりの姿勢が目立つことだ。

 首相は施政方針演説で、日米同盟を「不変の原則」と位置づけた。参院での代表質問では、日本として「防衛力を強化し、自らが果たしうる役割の拡大を図っていく」と踏み込んだ。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

毎日新聞2017年1月29日 東京朝刊

 「米国第一」を掲げるトランプ米大統領の就任を受けて、安倍晋三首相が外交・安全保障で前のめりな発言を重ねている。

 首相は、施政方針演説で日米同盟は基軸で、「不変の原則」だと語った。参院本会議の代表質問では、日本も防衛力を強化し、自らが果たしうる役割の拡大を図っていくと踏み込んだ。衆院予算委員会では、自衛隊が相手国のミサイル基地などを攻撃する敵基地攻撃能力について、検討する考えを示した。

 米軍をアジア太平洋地域に引き留めるため、米国に追随しているように見えるが、日本の防衛政策の自主性を高めることを意識しているようでもある。

 戦後の日本は、吉田茂元首相の親米・軽武装路線と、鳩山一郎、岸信介両元首相に代表される自主外交・自主防衛路線のはざまで、悩みながら自衛隊の役割を拡大してきた。トランプ氏の登場は、日本に対米追随か自主かという、古くて新しい課題を突きつける可能性がある。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

このページのトップヘ