「言論の自由」を道具として使いながら、無知な国民にデタラメ三昧をやっている自称「保守派」の人々は、「人道主義」を楯にして民主主義を他国に押し付けるために侵略戦争を仕掛けてきたネオコンとよく似ている。

つまり、両方とも同じ体質であるということ。

長谷川幸洋氏の「辞めない」は、「東京新聞のブランドを使って、まだ金を稼ぎたい」という意味である

MXテレビの「ニュース女子」の司会を務める東京新聞の論説副主幹、長谷川幸洋が、「辞めるわけにはいかない」と駄々をこねている。この問題、意外に長くを尾を引いている。

というのは、ジャーナリストとしてのスキルの低さが引き起こした単なる子どもレベルの舌禍問題を、「言論の自由」を楯にして、まるで籠城するかのように粘り強く自己を正当化している滑稽な男の所作に、いわゆる「ネトウヨ」という連中が、長谷川を応援するふりをしながら、異常な関心を示しているからです。

つまり、下世話な連中が湧いてきた、ということである。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む