安倍首相、さらに麻生大臣が居て、今起こっている全ての事象が根源となっている。モラルハザードの百貨店である。すべて、TOPの姿勢、考えに、官僚たちが毒されている。

安倍首相は、理財局の不祥事の調査を麻生大臣に任せていると言う。麻生大臣は理財局長らに調べさせているという。しかし、調査では誰が指示して、誰がどうしたのかの情報は全く上がってこない。安倍氏も麻生氏も、本当の真実が上がって来られると困るから上がってこないのだ。

このような調査は2日もあれば全て済む話しなのだ。部下も上から命令されてやったものを、そのまま真実を上に上げると全て事実がバレてしまうから、あげられないのだ。

麻生氏は、決済文書に全て目を通さず承認印を押していると、何の恥らも無く、シャーシャーと述べる。そんなTOPの薫陶か、火中の財務省事務トップである福田次官が女性記者にセクハラをしたということだ。

これに対して麻生大臣は口頭注意だけで、セクハラ調査もせず、処分もしないと言う。普通の会社では更迭か、罷免である。今や、国の行政府が堕落し、腐ってきている。

しかし、お天道様は見ているものだ。加計問題も一旦は沈静するかと思われたが、またも朝日新聞のスクープで、愛媛県職員の柳瀬元首相秘書官の「首相案件」記事が出て来て180度話が変わってきた。

続きを読む