No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

タグ:報道するラジオ


「水野晶子が振り返る ラジオと報道の37年」と題して1時間の特番を放送します。
電話でお話を聞くのは、近藤勝重さん、川崎泰資さん、魚住由紀さん、小出裕章さん。
そしてスタジオには、平野幸夫さんをお招きします。激動の時代を振り返り、ラジオの報道の役割を考えます


森友学園への国有地売却問題で、参議院予算委員会では、安倍首相や麻生財務相も出席して、集中審議が行われました。

財務省では、「決裁参考メモ」という文書1枚が削除されていたことが、きょう新たにわかりました。

森友側との事前の価格交渉をうかがわせる内容です。
文書の改ざん、ごみの深さの虚偽報告など、信じられない国民への背信行為が次々と明らかになっています。

きょうの参院予算委でわかったことは何か、深まる謎の数々など、速報でお伝えします。

特集は、南北首脳会談と米朝首脳会談です。
北朝鮮の狙いは何か、本当に実現するのか、トランプ大統領の思惑、日本のとるべき道など、大阪市立大学教授の朴一さんに聞きます。


■2018年 3月12日【月】 財務省が書き換え認める~だれが、何のために?

森友学園との国有地取引の決裁文書で、財務省が書き換えを認めました。
書き換えは14件にのぼり、「本件の特殊性」などの文言が削除されたほか、
安倍昭恵氏や平沼赳夫元経済産業相などの政治家の名前も削除されていました。

麻生大臣によると、書き換えは去年2月の問題発覚後、国会答弁との整合性をはかるため、財務省理財局の指示で行われたということです。

書き換えを指示したのは具体的にだれなのか、政治家の関与はあったのか、麻生大臣の責任はどうなるのか、ジャーナリストで「新聞うずみ火」代表の矢野宏さんとともに考えます。

水野晶子キャスターは、東日本大震災の被災地を取材しています。
避難指示が去年4月に一部解除された福島県浪江町の現状と住民の思いを、現地から報告します。



■2018年 2月26日【月】 働き方改革は誰のため?

裁量労働制のデータの問題点が次々と明らかになってきました。
さらに、調査にあたった労働基準監督官の「調査に十分な時間が取れず、ずさんになってしまった」という証言も出てきています。

それでも、政府は「働き方改革関連法案」の国会提出の方針を変えていません。
施行を1年遅らせるという話も出ていますが、なぜそこまでして、裁量労働制の対象拡大を進めたいのでしょうか。

働き方改革の真の狙いは何でしょうか。
今夜は大阪労働者弁護団の在間秀和弁護士にスタジオにおいでいただき、裁量労働制の対象拡大が何をもたらすか考えます。


■2018年 2月19日【月】 政府答弁は誠実なのか

きょうの衆議院予算委員会は、裁量労働のデータ問題で紛糾しました。
政府は、今国会の目玉である働き方改革関連法案で裁量労働制の対象職場の拡大を目指しています。

安倍首相は、先月29日、
「裁量労働制で働く人の労働時間が一般労働者よりも短いというデータもある」
と答弁しましたが、異なる調査を比較した不適切なデータであったとして、先週になって答弁を撤回しました。

厚労省はなぜこんなデータを出したのか、なぜ今ごろ撤回なのか、さまざまな疑問が浮かびます。

森友問題でも今月9日に新文書20件、約300ページが公開され、「面会記録などの文書は廃棄した」という佐川前理財局長の答弁との整合性が問われています。

今夜は、時事通信社解説委員長の山田惠資さんをゲストに、国会での政府答弁を徹底検証します。

■2018年 2月 5日【月】 安倍政権 深まる疑惑

週末からきょうにかけて、重要なニュースが目白押しです。

・きょう夕方、佐賀県に自衛隊のヘリが墜落しました。一体、何があったのでしょうか。
・きのうの名護市長選挙では、政府・与党の支援を受けた候補が当選しました。
トランプ大統領が核戦略の見直しを発表したことに対しては、河野外相が「高く評価する」と談話を発表しています。

ジャーナリストで新聞うずみ火代表の矢野宏さんとともに、詳しくお伝えしていきます。
特集は国会です。
森友問題で、新しい音声データが出てきました。
茂木経済再生担当相は線香配布問題で追及されています。
国会審議の音声を聞きながら考えます。

報道するラジオホームページ   http://www.mbs1179.com/hou/

■2018年 1月29日【月】 どうなる?日本の専守防衛

衆議院の予算委員会で本格的な審議が始まりました。
今夜は、軍事ジャーナリストの前田哲男さんに電話をつなぎ、来年度予算を「防衛費」の観点から検証します。

まずは米軍ヘリの不時着の問題。
なぜこれほど続くのか、背景にある沖縄の海兵隊の現状を聞きます。

そして、日本の防衛費に関しては、「敵基地攻撃能力」をキーワードに考えます。
護衛艦「いずも」を空母に改修することを政府が検討していると、報道されています。
また、射程500キロと900キロの長距離巡航ミサイルが来年度予算に急遽、追加計上されました。

これらの装備の導入は、敵基地攻撃能力をもつことにつながるのではないか、
憲法にもとづく「専守防衛」を逸脱するのではないかと、懸念の声が上がっています。

国会審議の音声素材を使いながら、装備の変化から見える自衛隊の現状について前田さんに聞きます。


■2018年 1月22日【月】 通常国会召集~施政方針演説を読み解く 通常国会が、きょう召集されました。

安倍首相は施政方針演説で、憲法改正への意気込みを語り、 各党に具体的な案を提示するよう求めました。 また、同一労働同一賃金の実現により、 「『非正規』ということばをこの国から一掃する」と 高らかに宣言するなど、 「働き方改革」についても熱く語りました。
 
しかし、一部専門職を労働時間規制から外す 「高度プロフェッショナル制度」には、 強い反発の声もあがっていて、 今国会での激しい論戦が予想されます。 

今夜は、スタジオに、 ジャーナリストで新聞うずみ火代表の矢野宏さんを迎え、 時事通信・解説委員長の山田惠資さんに電話出演いただいて、 国会審議のポイントを改めて考えます。 

■2018年 1月 1日【月】 新春スペシャル~どないなるねん!この世界 

報ラジは元日も休まず、時間を拡大して、 午後6時半~9時の2時間半、生放送でお送りします。
世界各地のジャーナリストに電話をつなぎ、 元日の空気を伝えていただくとともに、 2018年を予測していただく企画です。 

お話を聞くのは、 
毎日新聞エルサレム支局の高橋宗男さん、 
ロンドン在住ジャーナリストの木村正人さん、 
毎日新聞モスクワ支局の杉尾直哉さん、 
ニューヨーク在住ジャーナリストの津山恵子さんです。 

スタジオコメンテーターは、大阪市立大学教授の朴一さんで、 北朝鮮情勢、東アジアの2018年についてお話を聞きます。 

20171229 報道するラジオ「年末スペシャル~どないなっとるねん!2017」

今年最後の放送は、29日(金)午後4時から8時まで4時間のスペシャルバージョン。
ジャーナリストで新聞うずみ火代表の矢野宏さんをスタジオに迎えてお送りします。


このページのトップヘ