野党、国民の怒り、国会停滞に押されて、佐川氏の国会招致に応じるという。今日の安倍首相、麻生大臣は、自分達を必至で守ってくれた佐川氏をまるで悪の張本人のように述べていた。

現在の理財局長までが、さばさばした表情で、改ざんは佐川前理財局長が指示したと、何のためらいもなく述べていた。これは、そういうようにお墨付きが付いているからである。これまでの煮え切らない態度と一変している。

佐川氏はこれらを聞いていて、一体どう思っているのであろうか?佐川氏はまさか国会招致を自民(というか安倍首相、麻生大臣)が認めるとは思っていないのではないかと思う。自分は本意でもなく、安倍首相、安倍昭恵氏を庇ったから国税庁長官になったはずだからだ。

それが手のひらを返されたのだから、自分が佐川氏の身だったら、証人喚問では黙っていない。佐川氏も被害者である。検察の事情聴取がいよいよ迫ったか、事情聴取を受けて、これでは危ないと思って、麻生大臣らに相談したら、辞任するように言われたと思っている。

このまま財務省始まって以来の悪人として汚名を着せられて人生を終えることはあまりに悔しいし情けない。本意でないはずである。家族もかわいそうだ。私人となり、怖い者は無いはずである。籠池氏のように開き直って、真実を述べてほしいものだ。

続きを読む