No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

タグ:ノーベル平和賞

5
249e291e9aee8f035154f4c5efc8fe47
ノーベル平和賞の授賞式で演説するサーロー節子さん=10日、オスロで(共同)

 十日オスロで行われた核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN(アイキャン))へのノーベル平和賞授賞式で被爆者サーロー節子さんが行った演説は次の通り。
      ◇
 両陛下。ノルウェー・ノーベル賞委員会の高名なメンバーの皆さま。ここにいる、そして世界中にいる運動家の仲間たち。淑女、紳士の皆さま。

 ICANの運動を形づくる傑出した全ての人々に成り代わってベアトリス(・フィン事務局長)と共にこの賞を受け取ることは大変な栄誉です。私たちは核兵器の時代を終わらせることができる、終わらせるのだという、かくも大きな希望を皆さま一人一人が私に与えてくれます。

▼座視しない

 被爆者は、奇跡のような偶然によって広島と長崎の原爆を生き延びました。私は被爆者の一人としてお話しします。七十年以上にわたって私たちは核兵器の廃絶に取り組んできました。

 私たちは、この恐ろしい兵器の開発と実験から危害を被った世界中の人々と連帯してきました。(核実験が行われた)ムルロア、エケル、セミパラチンスク、マラリンガ、ビキニといった長く忘れられた地の人々。土地と海を放射線にさらされ、人体実験に使われ、文化を永遠に破壊された人々と連帯してきました。

 私たちは犠牲者であることに甘んじることはありませんでした。灼熱(しゃくねつ)の終末を即座に迎えることや、世界がゆっくりと汚染されていくことに対し、手をこまねいていることは拒否しました。

いわゆる大国が、無謀にも私たちを核のたそがれから核の闇夜の間際へと送り込むことを、恐怖の中で座視することは拒否しました。私たちは立ち上がりました。生き延びた体験を分かち合いました。人類と核兵器は共存できないのだと声にしました。

続きを読む

報道ステーションより 2017.12.11(月)

a

ダウンロード「大会で、憲法九条が危機にあることを訴えた」と話す飯高京子さん=国分寺市で

 ノーベル平和賞の発表が十日に迫る中、日本国憲法九条への授与を求める運動に賛同するキリスト教系の非政府組織(NGO)「日本友和(ゆうわ)会」の飯高(いいたか)京子書記長(78)も、強い期待を寄せている。

八月にドイツで開かれた国際友和会百周年記念大会・総会では、各国代表からの提案で「九条を平和賞候補に推挙した」との文言が総会声明に明記された。

二十四日に報告会を開き、戦争放棄などを定める九条が国際社会でいかに注目を集めているか紹介する。 (竹島勇)

続きを読む

このページのトップヘ