南スーダンの日報問題に端を発してイラクの日報問題がここへきて、陽の目を浴びている。

当時の防衛相だった稲田朋美が新聞社の取材に応じていたがまるで自分が被害者かであるような他人事発言をしている。

これじゃあ、余計に反感を買うだけだ。
この人らしく、事態の深刻さを分かっていないのがよくわかる。

>驚きと怒りを禁じ得ない」イラク日報問題で 稲田朋美元防衛相 
4/4(水) 19:59配信

>陸上自衛隊のイラク派遣部隊の日報の存在を陸自が昨年3月の時点で把握していたにもかかわらず、当時の稲田朋美防衛相に衛相に報告していなかったことについて稲田氏は4日、産経新聞の取材に対し「驚きとともに、怒りを禁じ得ない」と述べた。

>また、稲田氏は「上がってきた報告を信じて国会で答弁してきたが、一体なにを信じて答弁していいのか。こんなでたらめなことがあってよいのか」と語気を強めた。

稲田朋美はこの問題が発覚した後
>南スーダンの反省のもと、しっかりと文書管理をするということで、今回徹底的に捜索をした結果、見つかったと、
いかにも自分の大臣としての功績のように言っていたが、当時の防衛大臣(稲田)にも報告していなかったことが分かった途端、急に被害者のような言い方に変わった。

急に自分を悲劇のヒロインにして正当化しているが、稲田が陸上自衛隊にどう見られていたのか、どう扱われていたのかもの
すごくよく分かった。

続きを読む