2017年11月30日
 
 北朝鮮が強行した再度のミサイル発射は無謀な挑発であり、これ以上朝鮮半島の緊張を高める事態は避けるべきだ。国際社会は結束して外交解決を図らなければならない。

 新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」は、午前三時すぎ、通常より高い角度の「ロフテッド軌道」で発射された。日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。

 北朝鮮は、九月からの約二カ月半、挑発行為を控えていた。国際社会からの経済制裁の影響が大きいため、自制しているという見方もあった。

 そんな中、米国は今月、九年ぶりに北朝鮮をテロ支援国家に再指定し、経済制裁を一段と強めた。

 今回の発射は、これに反発したものとみられる。圧力には屈せず、兵器開発を続けるという姿勢を明確にしたともいえる。

 看過できないのは、「火星15」について、北朝鮮が発射後の「重大報道」で、「米本土全域を攻撃できる」「超大型の重量級核弾頭を搭載可能」と主張したことだ。

続きを読む