No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

カテゴリ:●知っておきたいこと > 選 挙


施行70年 いいね!日本国憲法-平和といのちと人権を!5.3憲法集会
2017年5月3日
蓮舫(民進党)、志位和夫(日本共産党)、森ゆうこ(自由党)、吉田忠智(社会民主党)、伊波洋一(沖縄の風)

ピーコ、池内了、坂手洋二、山田火砂子、落合恵子、伊藤真、植野妙実子、イ・テホ(朴槿恵政権退陣緊急国民行動)、山城博治、米倉洋子

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒
 

キャプチャ
豊かな経験が報告された意見交換会=26日、東京都千代田区

 市民と野党の共闘を深化させ、衆院選にむけた戦略をつくりあげようと、安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(市民連合)と総がかり行動実行委員会は26日、東京都内で第3回全国市民意見交換会を開催しました。

 開会あいさつした総がかり行動実行委の高田健氏は、「安倍政権に対抗する力強い勢力を私たちがつくりだすかどうかだ」と強調。

参院選で32ある1人区で候補者の一本化をつくりあげてきたとのべ、「衆院選295の小選挙区でどう前進を勝ち取るのか、立憲4野党プラス市民の構図を全国につくりだし、安倍内閣の悪政を阻止しよう」とよびかけました。

 立憲デモクラシーの会の山口二郎氏(法政大学教授)が選挙戦の総括を報告しました。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

655070fc52c585e519a32389badf5b73
記者会見してマスコミの質問に答える竹内えいこ氏。=20日午後10時過ぎ、竹内陣営の開票センター 撮影:筆者=

 東電・柏崎刈羽原発を抱える柏崎市の市長選挙は20日、投開票が行われ、再稼働容認の桜井まさひろ候補(54歳)が3万220票を獲得して当選した。

 「再稼働は認めない」とする政策を掲げていた市民派候補の竹内えいこ氏(47歳)は及ばなかった。

 新潟3連敗(参院選、県知事選、柏崎市長選)を何としてでも阻止しようとした与党の組織選挙が効を奏した。

 竹内さんは保健師として福島県で原発事故避難者のケアに当たった経験を持つ。選挙期間中は「原発は事故を起こす。市民の手に政治を取り戻そう」と訴えた。選挙運動は政党に頼らず、市民ボランティアが支えた。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

2016年11月9日
 
 参院選の一票の不平等をめぐる高裁レベルの判決は違憲状態十件、合憲六件だった。二年前に都道府県単位の制度改革を求めた最高裁は、二つの「合区」にとどめた是正策を厳しく審査すべきだ。

 国会議員とは「全国民の代表」であると憲法に定めがある。だから選挙区や後援団体などの選挙母体の代表ではない。自己の信念に基づいてのみ発言する-、憲法学の泰斗・芦部信喜著「憲法」(岩波書店)はそう記している。

 原発や沖縄の問題は、選挙区にかかわらず、国会議員がみな考えるべき重要テーマである。「全国民の代表」なのだから…。一票の不平等問題は、この憲法規定と密接にかかわる。しかも憲法前文は「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し…」で始まる。

 正当な選挙とは、一票の価値が平等でなければ成立しない。なぜなら国会議員を選ぶのは、われわれ国民である。国民の多数意見が、国会議員の多数意見と食い違っては、主権者の意見が国政に正しく反映されないからだ。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


 今朝の東京新聞によれば、「福島県内の自動車整備工場にある洗車用の汚水浄化槽に汚泥がたまり、一部で国の指定廃棄物基準(1キログラム当たり8千ベクレル超)を7倍上回る最大5万7400ベクレルの放射性物質を検出していた」そうだ。

その汚泥は、もちろん福島第一事故によって車に付着した放射性物質なわけだけど、県内にある約1700ケ所の整備工場に数千トンの選手汚泥が貯蔵されているというから、さあ大変。

 この現状に、東電はなんとまあ、「被害は顕在化してませんよね」ってけんもほろろってんだから開いた口がふさがらない、。つまり、社会問題化しなければそれで良しって言ってるようなもんですからね。

 洗車汚泥の問題は対応を誤ると、風評被害どころか実質的な被害が出てくる可能性もあるからどうにかしろっよってなもんなんだが、原発から出る核のごみの最終処分場ですら目途が立ってないんだから、いったいどうなることやら。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒
 
続きを読む

このページのトップヘ