No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

カテゴリ:●知っておきたいこと > 選 挙

3634
林文子市長。母親たちが給食実施を陳情した際「弁当作りがやりがいとなっている保護者がとても多い」とうそぶいた。=23日、横浜駅東口 撮影:筆者=

 日本最大市の市長選挙には日本政治の病理が凝縮されている。圧倒的多数の人々が拒否する政策を掲げていても、自公の現職(現政権)は強大であるということだ。横浜の場合、連合と民進の一部が乗っかるため、さらに始末におえない ―

 通勤客、買い物客がひっきりなしに行き交う横浜駅。市民グループが連日、「カジノ要りますか、要りませんか?」のシール投票を呼びかけている。

 道行く人たちは吸い寄せられるように貼りに来て、「要らない」はアッという間に色とりどりのシールで一杯になる。

 「市長選挙の際、カジノを投票の判断材料にするか?」と尋ねると、年配の女性は「あんなの(カジノ)、やっちゃダメ」と顔をしかめた。

 カジノ誘致の是非を問う世論調査で80%が「要らない」と答えたというが、シール投票で見る限り95%である。

 世論を考慮してか。カジノ推進を唱えていた現職の林文子は、選挙戦ではカジノのカの字も言わない。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


 7月2日投票の東京都議会選挙を前に、各界の著名な51氏から「日本共産党の躍進に期待します」との声が寄せられています。

 都議選は、9条の改憲や政治の私物化で暴走する安倍政権に審判をくだす絶好の機会だけに、「豊洲問題で、共産党都議団の活躍はお見事でした。都政という伏魔殿に一条の光が差しこんだ思いです。

安倍暴走内閣の改憲野望を打ち砕くためにも共産党にもっともっと強くなってほしいものです」(俳優の鈴木瑞穂さん)などのエールが寄せられています。

 窪島誠一郎(無言館館長)、早乙女勝元(作家)、瀬戸内寂聴(作家・僧侶)、高畑勲(アニメーション映画監督)、中原ひとみ(女優)、那須正幹(作家)、浜矩子(同志社大学教授)、降旗康男(映画監督)、山鹿昭明(日本基督教団牧師)などの各氏からも期待が表明されています。

 「健全強力な野党があってこそ政治の公正が保たれるのです。共産党こそ、今、その任に耐え得る唯一の政党であると思います」(作家の山中恒さん)、「国家を私物化する総理の犯罪を追及できるのは市民の大きな力と日本共産党だけです」(歌手の横井久美子さん)など、日本共産党の役割に期待が高まっています。

 「健全強力な野党があってこそ政治の公正が保たれるのです。共産党こそ、今、その任に耐え得る唯一の政党であると思います」(作家の山中恒さん)、「国家を私物化する総理の犯罪を追及できるのは市民の大きな力と日本共産党だけです」(歌手の横井久美子さん)など、日本共産党の役割に期待が高まっています。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒



続きを読む

このページのトップヘ