No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

カテゴリ:●原発とブログ > 天木直人のブログ


 沖縄から帰ってきて、東京(本土)の報道を見て驚いた。
 沖縄で墜落した米軍ヘリのニュースがまったく見られない。

 わずか、同じヘリが6月にも緊急着陸するトラブルを起こしていたことがわかった、という、とんでもない追加記事だけだ。

 私が沖縄に行っていたきのう13日で、さんざん報道したらかもう十分だというのだろうか。

 それよりも、何よりも、各党の党首が、選挙演説でまったく取り上げようとしていない事だ。
 きのう、さんざん演説したらかもう十分だということなのか。

 今の政治で、いや、これからの政治で、米軍による日本の主権侵害というこれほど重大な問題はないというのに、である。

 私はここに、この国の政治のごまかしがあると思う。

 特に、立憲主義をとなえ、護憲を標榜する野党たちの沈黙ぶりはどうだ。

 もし、このまま、あと一週間、こんどの米軍ヘリ墜落事故をきっかけに、日米安保体制の見直し、そして、その第一歩となる日米地位協定の改定交渉要求が、野党党首から一切提起されないまま、選挙合戦が続けられるなら、こんな選挙はまったく無意味だ。

続きを読む


 いまひとりの女性が、強姦という最も卑劣な犯罪の犠牲になったにもかかわらず、安倍政権に忖度する日本の警察、検察、司法の不正義によって泣き寝入りさせられようとしている。

 いうまでもなくTBS元記者による詩織さん準強姦罪容疑事件のことである。

 被害届を出したにもかかわらず警察幹部がもみ消し、東京地検が不起訴処分にし、その不当な不起訴処分に対し、検察審査会に審査を求めたにもかかわらず、検察審査会までも「不起訴相当」と議決した、あの前代未聞の詩織さんに対するこの国の司法の不正義である。

 その詩織さんが29日に東京都内で開かれた集会「性暴力被害当事者を孤立させない」に登壇し、「どのような判断をされようと私が受けた行為、事実に変わりはない」と話し、今度は損害賠償訴訟に訴えた事を明らかにしたという。

 なんという勇気ある女性だろう、
 しかし、その陰では計り知れないほどの涙があっただろう。

続きを読む


 今度の解散・総選挙ほど腹立たしいものはない。
 新聞を読むたびに、ニュースを聞くたびに、その怒りがいや増し、日を追って怒りが膨らむ。

 なぜか。
 それは大義なき解散だからだ。
 森友・加計疑惑隠し解散だからだ。
 解散権の私物化であるからだ。

 しかし、そのような表現では、まだなまぬるい。
 なぜこれほど腹立たしいのか。

 それはズバリ、安倍晋三・昭恵夫妻の犯罪隠し解散であるからだ。

 もし野党が本気で森友・加計疑惑を追及し、それに応えてメディアと司法が「忖度」することをやめれば、安倍晋三・昭恵夫妻は間違いなく犯罪者だ。

 あらゆる状況証拠がそれを物語っている。
 今度の解散は、犯罪者になることをおそれ、それから逃れるための、安倍夫妻による、安倍夫妻のための、安倍夫妻の解散だ。

続きを読む


 今朝早朝にメディアが一切にJアラートを流した。
 私の記憶では午前6時直前の事だ。
 何事が起きたかと思えば、北朝鮮が日本の北海道方面に向けてミサイルを発射したと言うのだ。

 関係地域の住民は頑丈な建物に身を寄せて避難せよという。
 私の住んでいる栃木県もその中に入っている。
 もちろん近くに頑健な建物などない。
 ミサイルが落下したら自宅で爆死するしかない。

 ところが、それからわずか十数分も経たないうちに、日本の上空を通過して太平洋上に落下したという。

 こんな馬鹿げたJアラートを流した安倍政権は、噴飯物だ。
 それだけで直ちに内閣総辞職ものだ

 もし北朝鮮が日本を本気で攻撃したとしたら、北朝鮮にそのような事を許した日本外交の大失敗だ。

 なぜ米国や韓国ではなく、日本が真っ先に北朝鮮に攻撃されなければならなかったのか、それだけでも内閣総辞職ものだ。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


 ここまで日米軍事同盟が強化され、憲法9条がないがしろにされているというのに、護憲を売り物にする社民党や共産党は一体なにをボヤボヤしているのだろう。

 自民党と連立を組んで自滅し、もはやなくなりつつある社民党は自業自得だとしても、天下の護憲政党である共産党の罪は深い。

 実際のところ、私がさんざん批判している安倍政権の対米従属の外交・安保政策は、本来ならば共産党が政治の場で正面から批判すべきものばかりだ。

 しかし、いまの共産党を見ていると、野党共闘に狂奔するあまり、その外交・安保政策を棚上げしてしまった如くだ。

 これは大きな間違いだ。

 民進党の代表選が前原になろうと、枝野になろうと、民進党の外交・安保政策は安倍自民党のそれと何も変わらないことは自明だ。

 共産党は、そんな政党と連立を組んで憲法9条が守れると思っているのだろうか。

 ましてや、共産党が民進党と連立を組んで政権を取れると本気で思っているのだろうか。
 そうではないだろう。


応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

このページのトップヘ