No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

カテゴリ: ●知っておきたいこと

●朝日新聞が一面トップ扱いの一方不自然さが目に付くNHK

 5月から6月のテレビは、この国で進む報道の「不自由さ」や「脆弱さ」を象徴するような内容だった。

 5月17日に朝日新聞が一面トップでスクープした「加計学園の新学部『総理のご意向』文科省に記録文書」。加計学園の新学部設置認可をめぐって内閣府が文科省に対して「『総理のご意向』だ」「官邸の最高レベルが言っている」などと迫った記録を報じたこの記事が口火を切った。

だが実は朝日新聞の報道の元になった文部科学省の“記録文書”はNHKも入手していて別の形で報道した。16日の「ニュースチェック11」での「文部科学省の審議会 設置予定の獣医学部 “課題ある”」。審議会が定員や教員体制に課題があるという報告をまとめたと報道したのだ。

だが「総理のご意向」という部分は黒塗り。加計学園という名称も出さず、一般の視聴者には不可解な報道だった。競合するマスコミに対して「自分たちは文書を持っているぞ」と示威するためだけの放送だった印象だ。

 加計学園の疑惑は、前川喜平前文部科学事務次官の言葉を借りるなら、忖度で「行政がゆがめられた」問題だ。さらに「報道もゆがめられた」実態も目に付く。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

5

前川前文科次官が出会い系風俗に行ったことを、読売新聞がスクープとして、全国紙1面に同じ内容で掲載された。

この記事が掲載される前に、前川氏は杉田官房副長官から会ってもいいと言われたそうである。杉田氏に会えば、暗に上記新聞記事をもみ消しも出来ると前川氏は受け取ったという。

読売新聞には本社が3つあり、読売グループを統括するホールデング制である。本社は、東京、大阪、西武の3社ある。それぞれの本社は編集部など個別の部を持ち、記事も独自に取材し、編集し、発刊している。

そのそれぞれの本社地域で、同じ構成の同じ内容の記事が出たということは、以下の動画の中で郷原氏は述べているように、3つの本社を統轄する読売新聞グループ全体の責任者から各本社に指示がなされた結果だと述べている。つまり、読売グループ組織的な関与がなされた結果と言っている。

郷原氏は、元地検特捜部などの検事後、企業コンプライアンスなどを専門とする弁護士に就いている。郷原氏が、以下の動画の中で、読売新聞が組織的且つ自殺行為的な報道をしたと述べている。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

今週の「週刊金曜日ちゃんねる」は東京都議戦選分析と特集について。
その『週刊金曜日』の特集は<読売新聞は「報道機関」か>です。

<本誌特集の構成>前川喜平前文部科学事務次官に対する『読売新聞』のスキャンダル報道は、以前から指摘されている「権力の御用機関」の姿を改めて浮き彫りにした。

特定秘密保護法や戦争法、共謀罪等すべて安倍政権に加担してきた『読売』が、「新聞」と名乗る資格があるのかを問う。

◎OBの体験的「読売」論 右傾化一途の“安倍機関紙” 山口正紀
◎腐蝕の元凶、渡邉恒雄をホメ殺す  佐高信
◎魚住昭氏に聞く 「前川スキャンダル報道」は一線を越えた
検証「社会の公器」とは名ばかりの論調なぜ「読売社説」は政府の主張といつも同じなのか 上出義樹

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

80d2b168d24b1d87b0da23eb69be42c8
弁護士(右)を伴って記者会見に臨む前川氏。際どい質問に対して弁護士は「ノーコメント」。細心の注意を払っていた。=25日、日本弁護士会館 撮影:筆者=

 警察庁出身の上司に、自分が風俗店に出入りしている写真を見せつけられて「こういう所に出入りしているらしいじゃないか」。

 現職時代の昨秋、官邸に呼びつけられて、こう咎められたのが文科省の前川喜平・前次官だ。

 前川氏が「総理のご意向」を明るみに出すと、読売新聞は、氏が新宿の風俗店に出入りしていた、と報じた。

 読売が “スクープ” した経緯は『週刊新潮』(25日発売)に詳しく書いてあるので、筆者はこれ以上述べない。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

ANNの調査でも内閣支持率29.2%。ペテン総理は雲隠れして持病の治療中!? &「学校ビジネス」の旨味タップリの加計学園に群がった政治家、官僚、ジャーナリストの厚顔!


 ANNの世論調査の結果によれば、とうとう四捨五入しても30%を切るという悲惨な内閣支持率になっちまいました。なんとまあ、支持率29.2%だそうで、不支持率は54.5%に大幅アップ。これまでだと、支持率30%を切ると、ほとんどの政権が1年以内に崩壊してるんだが・・・。

 外遊から戻って以来、公の場に姿を見せないペテン総理の動向もちょいと気になるところ。ひょっとして、外遊中に悪化させたと噂の持病の治療でもしているのか。電撃的な辞任会見なんてのをちょっと夢見る連休明けの朝である。


内閣支持率が大幅下落“危険水域”に_なぜ民進党は“... 投稿者 gomizeromirai

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

このページのトップヘ