No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

カテゴリ:●政 党 > 安倍政権


官房長官というのは、首相の女房役で、政府の報道官であり、官僚全体の目付け役のようなものである。その菅官房長官が先日、記者会見で朝日新聞記者から質問され、以下のように答えた。

記者:「ある政治家も『政府があらゆる記録を国民に残すのは当然で議事録は最も基本的な資料で、その作成を怠ることは国民への背信行為だ』と本に記したが、誰かご存知か?」

菅官房長官:「知りません。」

記者:「官房長官の著作に書かれてるんですが」、「自著での主張も記憶にない?」

官房長官「知らない。」

このやり取りを聞いて、読者はどう思うだろうか?菅氏のこの答弁の中に、菅氏の人間としての道義感、倫理感が現れている。安倍政権において噴出している森友、加計問題の中で答弁する官僚たちの模範となっている。正に、率先垂範である。

仮にも、自分の名前で出した著書に、書かれている内容を知らぬ訳はない。これも忘れるようなら、政治家は出来ない。

毎回、人をコケにし、バカにした態度で、「記憶にない」、「知らない」というのは、菅氏の傲慢を象徴するものである。そこには、人に対する敬意、謙虚さなどは微塵も感じられない。この質問をしたのは、一人の記者であるが、その後ろに数千万人の国民が居るということを無視している。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

5
20170809 報道ステーション
長崎市の田上市長の厳しい政府批判、
被爆者代表の「どこの国の総理ですか?」の批判 
安倍総理は、核兵器禁止条約に触れることはなかった。 


長崎原爆の日に考える 核廃絶への道程20170809hou... 投稿者 gomizeromirai

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

2017/08/06 金子勝×室井佑月×大竹まこと「安倍内閣改造でも変わらない理由」

安倍晋三内閣改造で、室井さんは「支持率が回復する」と言ってるが、
金子勝さんは、
「官邸は、原子力ムラと公安警察が牛耳っている…」
「官邸主導の真ん中が変わっていない」
「あいつもこいつも加計学園グループから」
と怒りが収まらない様子です。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

2017年8月9日
 
 二〇一七年版防衛白書が閣議に報告された。北朝鮮や中国の動向をめぐる情勢認識はおおむね妥当だが、情報隠しが指摘された陸上自衛隊の日報問題に全く言及がないのは、不誠実でないのか。

 きのう閣議に報告された防衛白書は、日本を取り巻く国際情勢や政府の安全保障政策を説明する、防衛に関する年次報告書である。

 北朝鮮が七月四日に発射した弾道ミサイルを「大陸間弾道ミサイル(ICBM)級」と分析した上で「軍事的挑発行為の増加・重大化につながる可能性もあり、わが国としても強く懸念すべき状況となり得る」と指摘する一方、中国の海洋進出については「地域・国際社会の安全保障環境に与える影響について強く懸念される」と詳述している。

 こうした記述は、日本周辺の国際情勢を表したものとしては理解できる内容だが、白書から完全に欠落しているものがある。南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊が作成した日報に関する記述だ。

 七月二十八日に公表された特別防衛監察結果で防衛省・自衛隊の組織による日報隠しが指摘されたにもかかわらず、この問題については一行も触れられていない。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


朝日新聞が、内閣改造の効果を以下のように総括している。その総括は、内閣改造による支持率上昇は見られないとした。数字的には、多少のご祝儀でわずかに増えているが、安倍首相が望んだような効果がなかった。

やはり、これは安倍首相本人に、国民が嫌気をさしているからだ。加計学園、森友学園の幕引きを狙った内閣であるが、安倍氏本人が辞めない限り、延々と続くことを覚悟しなければならない。国民を甘く見くびっていたということだ。

今や、国民は、安倍氏に嫌悪感を抱いている。もう生理的に嫌いだというレベルになってきており、決してこの感情は消えない。


          前回(7月)  今月最新調査          調査日
朝日新聞       33        35     5~6日
毎日新聞       26        35     3~4日
読売新聞       36        42  
日経・TV東京      39        42

続きを読む

このページのトップヘ