No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

カテゴリ:●政 党 > 安倍政権

リテラ 2018.05.17
キャプチャ.PNG--111

 毎日新聞元主筆でジャーナリストの岸井成格氏が、15日に肺腺がんで死去した。73歳だった。

岸井氏は2017年10月に、コメンテーターとして出演していた『サンデーモーニング』(TBS)においてがんを患い入院治療をおこなっていたことを明かし、昨年12月3日放送分を最後に同番組を休んでいた。

 だが、やはり岸井氏といえば、2013年4月からアンカーを務めた『NEWS23』(TBS)での、安倍政権を毅然と批判する“忖度しない”姿が記憶に残っている人も多いだろう。

そして、『報道ステーション』(テレビ朝日)の古舘伊知郎や『クローズアップ現代』(NHK)の国谷裕子がキャスターを降板したのと同じ2016年3月をもって、岸井氏は膳場貴子キャスターとともに降板した。

 この一連の降板劇の背景にあったのは、言うまでもなく安倍政権からの圧力だった。メディアに睨みをきかせ、不都合な報道をおこなう番組には圧力をかける──これは安倍政権の常套だが、じつは官邸は、番組スタート時から、岸井氏に接近していた。

 2016年6 月に発売された、慶應義塾大学の法哲学ゼミで同期だったという佐高信との対談本『偽りの保守・安倍晋三の正体』(講談社)で、岸井氏はこう語っている。

「「NEWS23」を始めてすぐの頃だと思う。安倍首相から官邸に来てくれと言われて、その時、菅とも顔を合わせた。安倍から「その節はお世話になりました」と挨拶されたんだけど、後で首相番連中が言うには、「岸井さん、あれはまずかった。どっちが総理かわからないですよ」と。私の態度がでかすぎたらしい(笑)」

続きを読む


 ★やっとのろしを上げるのか。自民党の元金融相・伊藤達也がテレビ番組でほえた。元首相秘書官・柳瀬唯夫が衆参の参考人招致の後、首相・安倍晋三が14日の衆参集中審議で柳瀬から「報告は受けていない」としたことについて。

「2人の関係だからよく分からないが、少し違和感は感じる。お友達の関係者が来たわけだから、そのことを報告してもおかしくないと思う」。

 ★「特に官邸で会合があった時期は、6月末の成長戦略の閣議決定に向かって、獣医学部の新設をどのような形で解禁するのか、しないのかの制度設計の実務的な作業がスタートした時期に重なる。その時に3回、加計学園関係者と会っていたならば、概要を報告してしかるべきだ。どういう理由で会ったのか、もう少し丁寧に説明していただかないと、疑念は広がってしまう」。なかなか詳しい。

なぜならば伊藤は、地方創生相・石破茂の大臣補佐官を務めている。とはいえ04年、第2次小泉改造内閣の内閣府特命担当大臣(金融担当)を務めた閣僚経験者でもある。

 ★さらに続けて「柳瀬さんは私も同い年で、非常に優秀な官僚。だから誰のために誠実に話をしなければいけないのかをよく考えていただいて、彼がしっかり正直に話をするだけで、相当の部分の疑念が解消すると思う」と畳みかけた。

「うがってみれば石破派としての援護射撃だが、自民党議員として、また地方創生担当として政策をまとめてきた人間として極めてまっとうな発言だ」(自民党ベテラン議員)。

続きを読む

かっちの言い分 2018/05/16 23:00  

麻生の財務省の一連のセクハラ問題での発言、改ざん問題での発言では、とても以前総理大臣をしていて、また現在も副勝利大臣でかつ、財務大臣の言葉とは到底思えない発言をしている。会社なら、もうとっくの昔に辞任していなくてならない。

先日も、国民民主の玉木代表が質疑中も、麻生氏がヤジを飛ばし、西村副官房長から、ヤジを矢野官房から注意してもらったと述べた。西村氏が直接注意したのなら確かに麻生氏に届くのかもしれないが、矢野財務官房が麻生氏に「注意」したのなら、実際に話されたかもわからない。

その麻生氏が、米国と北朝鮮との交渉が進んでいる中で、また余計な話をした。麻生氏が、パーティーで北朝鮮の金正恩委員長が搭乗する専用機を念頭に「見てくれの悪い飛行機がシンガポールまで無事飛ぶことを期待するが、途中で落ちたら話にならん」と述べたという。

これを聞いて、北朝鮮に拉致された家族の人たちは、どんな気持ちでいるだろうか?本人はまるで他人事である。これを聞いて、金正恩氏はどうおもうだろうか?

続きを読む

photo.jpg--11

柳瀬元首相秘書官の大ウソ=安倍首相に報告しない・首相から指示ない・メモ取らない・名刺交換しない 

BLOGOS  2018年05月11日 15:38
 
 加計学園問題で、柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)が昨日(5月10日)、国会の参考人招致に応じ、加計学園関係者と首相官邸で計3回会ったことを明らかにしました。

柳瀬氏は、加計孝太郎氏と安倍首相が親友との認識はあったと認める一方、加計学園関係者との面会を安倍首相に報告したり、指示を受けたりしたことはなかったとし、安倍首相の関与を重ねて否定しました。

この参考人招致について全経済産業省労働組合副委員長の飯塚盛康さんが感想を書いてくれたので以下紹介します。

 私は柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)と一面識もありませんし、この方について良い評価も悪い評価も含めて聞いたこともありません。しかし、昨日の国会での答弁は元経済産業省の職員として見てひどいと思いました。

 柳瀬氏は、「人と会うときは全員と名刺交換はしない」と言っていますが、少なくとも経済産業省の職員でそんな失礼なことをする人を私は見たことも聞いたこともありません。


 続きを読む



先日に北朝鮮の金正恩委員長の言葉として、「なぜ日本は(拉致問題等について)直接言ってこないのか?」というような発言内容が報道されましたが、これについて安倍晋三首相がフジテレビ系の番組に出演して、具体的なコメントを出しました。

安倍首相は金正恩氏の発言に関して、「直接言ってこないのかということは、金正恩委員長に直接言わないのかということであると思います。我々は北京ルート(FAX)などを通じてあらゆる努力をしています」と述べ、北京ルートなどを通して北朝鮮に呼び掛けていると反論。
北朝鮮外交をシッカリとやっていると強調し、今後も努力を続けると発言していました。

北京ルートというのは中国を通した外交要請のことだと思われ、前に一部メディアが「FAXで北朝鮮とやり取りしている」と報道していた外交ルートです。
安倍首相の発言が事実だとしても、結局は北京のような迂回ルートを使って、北朝鮮とは直接的なやり取りをしていないということになります。

ちなみに、北京ルートについても中国の大使館説が浮上している状態で、どっちにしても日本は北朝鮮との外交ルートがゼロであることを認めたと言えるでしょう。

江田憲司・無所属の会《加計学園問題、柳瀬唯夫元首相秘書官参考人》【国会中継 衆議院 予算委員会】平成30年5月10日



国会が19日ぶりに正常化した。

野党は柳瀬唯夫氏の証人喚問、ならびに麻生太郎財務相の辞任を求めたが、与党はこれらの要求を拒絶してきた。
そして、野党が欠席するなかで与党は審議を強行してきた。

柳瀬唯夫氏は2015年4月2日に、首相官邸で加計学園関係者や今治市の職員と面会していたにもかかわらず、国会参考人招致で「記憶による限り面会していない」と強弁を続けてきた。
しかし、面会の事実を示す文書が相次いで発覚し、発言を修正せざるを得ない状況に追い込まれた。

野党が、嘘をつけば刑事罰を科せられる可能性のある証人喚問での柳瀬氏招致を求めたのは当然のことである。

麻生財務相は公文書改ざんについて、「事実であれば由々しきことだ」と明言してきた。

その公文書改ざんの事実が明らかになった。
財務省の最高責任者として責任を明らかにするべきことは当然だ。

続きを読む


民主党時代の鉢呂通産大臣が、福島の原発事故で真っ暗になった町を見て「死の町」のようだと述べ、また福島の放射能汚染地区から防護服で帰ってきたとき、記者に冗談で「放射能つけちゃうぞ」と述べたとして、不謹慎だと野党、マスコミに叩かれ、辞任したことを覚えているだろうか?

鉢呂氏は、その発言も別に辞任するような話ではない。「放射能つけちゃうぞ」などは、別に記者会見で言ったわけではなく、オフレコ状態で記者とふざけた会話をマスコミに公表されたものであった。これぐらいの話で辞任しなくてはならなければ、自民党の議員は、何人も辞任していなければならない。

麻生大臣が、「セクハラ罪はない」と言ったことに対して批判が巻き起こっているが、それを再度記者から問われたが、やはり」セクハラ罪はないだろう? 事実を述べただけ」と開き直り、撤回はしなかった。この一連の発言だけでも、鉢呂氏の発言の中身と根本的に違う。

麻生氏が、ここまでセクハラ罪はないと敢えて言っている深層は、セクハラに対して、この程度で騒ぐなと思っているのに違いない。この程度の男が、日本の総理大臣をやり、今も副総理ということ自体、あり得ない話である。3選欲しさに、辞任もさせることも出来ない安倍首相もみじめ過ぎる。

未だに財務省から、改ざんの調査結果が出されない。もうとっくの昔に、誰が指示して、誰がやったかはとうの昔からわかっている。財務省の官房長は検察の結果が出ない内は調査結果は出せないと述べている。

続きを読む

毎日新聞2018年5月8日 東京朝刊

 今なお、セクハラ問題の本質が理解できないのだろうか。常識外れの発言に改めてあぜんとする。

 麻生太郎財務相が、辞任した福田淳一前財務事務次官のセクハラ問題について「セクハラ罪という罪はない」「殺人とか強制わいせつとは違う」などと発言し、依然として福田氏を擁護する姿勢を見せた。

 遅きに失したとはいえ、財務省は福田氏の行為をセクハラと認定して処分した。ところが処分の最高責任者である麻生氏が、なぜこうした発言を続けるのだろうか。

 被害を受けた女性社員が所属するテレビ朝日が調査継続を求めているにもかかわらず、財務省が調査を打ち切るというのも納得できない。

 そもそも今回は、セクハラは犯罪に当たるかどうかが問われているわけではない。無論、セクハラ行為は場合によっては刑法の強要罪や自治体の条例違反に問われる可能性がある。一方では既にセクハラ罪を設けている国もある。しかし、それは今回の本質とは別の話だ。

 しかも刑法だけが社会の規範ではない。倫理観やマナー等々もそれに含まれる。例えば文部科学相が「いじめ罪はない」と言って、いじめの加害者を擁護したら許されるだろうか。セクハラは重大な人権問題だ。いじめと同様、セクハラをなくそうとするのが政治家の務めのはずだ。

続きを読む

「うそつき内閣が嘘に嘘を重ねています」【作家・落合恵子】

憲法集会での作家・落合恵子さん
「うそつき内閣が、うそにうそを重ねています。
安倍内閣は『総理のご意向内閣』ではありませんか。
平和と命と人権を守るためにあらがうことは、私たちが生きている証しであり、誇りなのです。 醜悪なオオカミに憲法を差し出すことはできません」


このページのトップヘ