No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

カテゴリ:●原発とブログ > かっちの言い分


今、安倍首相が森友学園の問題で追及されている。森友学園と言えば、安倍首相夫人が名誉校長である。この学園は、教育勅語や五箇条の御誓文の暗唱、伊勢神宮への合宿参拝などを園児に施す、「塚本幼稚園幼児教育学園」が経営している。

理事長の籠池泰典氏は、安倍政権と密接な関係があると言われる「日本会議」の幹部であることでも有名だ。その学園のことが、なぜ騒がれているかというと、「国有地を9割引=1億3400万円」で購入したという疑惑である。

その理由が、財務省国有財産審理室の話では、土地に埋まっていた生活ごみ(ビニール片、陶片、ガラス)や木材片を処理する費用(8億2千万円)を控除したからだということだ。

生活ごみを処理するのが、土地代より高いなどありえない。豊洲の土地でもあるまいし、ただ取り除けばいい話だ。さらに怪しい疑惑は、9億円相当の土地を、8年後に購入する予定で借りていたことだ。ここまでくれば、メチャクチャな条件である。常人なら、こんな土地取引が出来る訳がない。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


当ブログで、日本からお土産を持って出かけた安倍総理は、トランプ大統領の厚遇を受けて、逆に大きなお土産(負担、約束)を持って帰ってくると書いた。

今日のトランプ大統領との会談で、尖閣列島も安保規定に含まれると確認したと大喜びである。思いやり予算についても、これ以上の負担は求められなかったと、一安心している。トランプ氏は商売人である。絶対に一方的にGive(与える)だけで済む訳ではない。その代り、日本からどっさりとGet(得る)することを考えている。

マスコミで、米国のインフラに年金基金から投資すると言われている。その投資額は2,3兆円程度と思っていたが、今日のWEBニュースに、約51兆円と書かれている。目が点である。年金基金の10%という。それで71万人の雇用を生み出すという。これだけ出せば、大統領が喜ぶはずである。また思いやり予算の額の増額などは、鼻くそ程度ある。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


霞が関官僚の天下りは、民主党政権時代と比べて、自民党政権の5年間で2倍となった。その象徴的出来事が、今回の文科省の天下り問題である。

文科省の天下り問題で、歴代の人事課長が参考人として呼ばれて証言した。

この証言で、最初の方の証人は、天下りは組織的では無かったと証言したが、ある証人から以降の人事課長は、全て連続して「組織的」に天下りが行われていたと証言した。

この時期は、民主から自民へ政権交代があってからと推測される。

 今日の国会での審議を見ていたが、その斡旋の張本人の島貫氏が答弁していた。歴代の人事課長は、組織的に行われていたと証言したが、島貫氏は自分の判断で行ったと言い張っていた。狸である。

しかし、本人がいくら否定しても、そのたどたどしい回答を聞くと、嘘を言っていることがわかる。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


原発と言えば、東電福島原発で、事故処理に21兆円ものお金が掛かり、これからさらにどれくらい増えるかわからない。しかも、この原発事故と関係ない国民にまで、電気料金の値上げで負担させられる。

そんなことに、政府として、何の説明もお願いもない。原発は安全だと政策を進めていたのは政府である。

この原発再稼働を決め、さらに進めているのが安倍首相である。自分自身がトップセールスマンとして、売りまくっている。

日本の原発も稼働から数十年経ち、原発の廃棄燃料棒が、各原発でそろそろ満杯になって来ている。原発廃棄棒が満杯になりそうな原発では、冷却保管槽内の燃料棒間の間隔を、本来の設計から変えて、狭めて詰め込むという。苦肉の策である。これで本当に安全か疑問である。

政府は廃棄燃料棒の貯蔵地を、地方自治体に置くことを打診しているが、手を挙げる自治体はない。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

かっちの言い分 2017/01/14 21:31  

東電は福島で事故を起こし、国民に多大な損失を負わせ、また原発と全く関係なく、原発に反対をしている国民にまで、廃炉費用の負担をさせようとしている。廃炉関連費用は20兆円である。福島の除染に、国が300億円を補助するという。

一般企業の工場が爆発や火災で焼失して大損害を出しても、自分の過失なら企業が自前で全てお金を調達し、事故処理を行う。当然、経営状態は悪くなり、赤字となるのが当たり前である。国は助けてはくれない。

自社でどうしようもなければ、倒産するしかない。その企業が生き残こり、買収されるにしても、シャープのように経営者が代わる。

その東電が、以下の記事のように、これだけの国民のお金をつぎ込んでおきながら、純利益が1500億円もあるという。連結経常利益が3260億円で、全企業の上位27位に入っている。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

このページのトップヘ