No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

カテゴリ:●新聞社・報道 > しんぶん赤旗

しんぶん赤旗 2017年8月15日

 アジアなどの諸国民と日本国民の莫大(ばくだい)な犠牲の上に、日本が1945年8月にアジア・太平洋戦争に敗北してから72年を迎えました。

戦後日本は「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」(憲法前文)ことを決意したにもかかわらず、歴代政府の中でも、とりわけ安倍晋三政権はその反省を欠落させ、秘密保護法や安保法制=「戦争法」の強行、「共謀罪」法の制定など、戦争への道をひた走っています。

再び「戦争する国」を許さず、世界と日本の平和に貢献することこそ、戦争への反省と教訓を生かす道です。

ポツダム宣言認めぬ首相

 1931年の当時「満州」と呼ばれた中国東北部への謀略的な侵略(「満州事変」)に始まり、37年の「盧溝橋事件」をきっかけにした中国全土への侵略の拡大、

さらにその中国での権益の確保とアジア・太平洋地域での新たな領土と資源を求めて始めた41年の東南アジアやハワイへの攻撃など、15年にわたる戦争は、亡くなった人だけでもアジア・太平洋諸国で2000万人以上、日本で310万人以上に上ります。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

しんぶん赤旗 2017年7月12日(水)

 安倍晋三首相の「腹心の友」が理事長を務める学校法人「加計学園」が開設を予定している獣医学部をめぐって、「行政がゆがめられたのではないか」との疑惑を解明する衆参両院の閉会中審査が10日開かれました。

内閣府が文部科学省に「総理のご意向」などと圧力をかけていたことなどを指摘してきた前川喜平前文科次官が、改めて首相官邸などからの働きかけを証言、疑惑はいっそう深まりました。

今回の閉会中の審査は安倍首相などが出席しないまま開かれたもので、疑惑の解明には首相らが出席した閉会中審査はもちろん、臨時国会開催が不可欠です。

国会閉幕後も批判が噴出

 国会閉会中の審査は、安倍政権が「加計学園」の獣医学部開設の疑惑をまともに説明しないまま通常国会を閉幕してしまい、その後の東京都議選で自民党が大敗するなど国民の厳しい批判が噴出する中で開かれました。

首相は出席せず、衆参両院でそれぞれの内閣委員会と文部科学委員会(衆院)文教科学委員会(参院)との連合審査という形です。

共産、民進、自由、社民の野党4党は、憲法53条に基づき臨時国会の開催を申し入れていますが、内閣から開催の回答はまだありません。


応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

しんぶん赤旗 2017年7月8日(土)

 東京都議選での自民党の大惨敗と、対照的な日本共産党の躍進は、「共謀罪」法強行や安倍晋三首相の改憲策動とともに、「森友」や「加計」など国政私物化の疑惑が相次いだことへの国民の怒りを浮き彫りにしました。

「森友学園」が国有地を格安で手に入れ小学校建設を計画した疑惑は、捜査が一部で始まったものの、肝心の国有地払い下げ問題は手付かずです。

首相の友人が理事長を務める「加計学園」の獣医学部開設疑惑は、政治をゆがめた疑いが濃厚です。どの世論調査でも7~8割が安倍政権の対応を問題視しているのに、頬かむりは許されません。

都議選中も深まる疑惑

 6月下旬に通常国会が閉幕し、都議選が行われた最中も「森友」「加計」疑惑は深まる一方です。

 「森友」をめぐっては大阪地検特捜部が国会閉幕後、国や大阪府の補助金を不正に受け取っていた疑惑で捜査に着手しました。


応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒
続きを読む

しんぶん赤旗 2017年7月6日(木)
   
 安倍晋三政権が集団的自衛権の行使を認めた「閣議決定」の強行から今月で3年です。歴代政権が集団的自衛権の行使は許されないとしてきた憲法解釈を根底から覆した、この「閣議決定」に基づき、安倍政権は安保法制=戦争法の成立を強行しました。

安倍首相は今、自衛隊を憲法に明記する改憲の動きを加速させ、「戦争する国」づくりの道をさらに突き進んでいます。憲法の平和主義と立憲主義を回復することは国政の緊急課題です。

立憲主義を根底から破壊

 政府は、集団的自衛権について「自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもって阻止する権利」と定義しています。その発動は、海外での武力行使に他なりません。

 歴代政権は自衛隊発足当時から60年余、集団的自衛権の行使は日本への武力攻撃が発生していないことから、「憲法上許されない」との解釈を堅持してきました。

 ところが、安倍政権は2014年7月1日の「閣議決定」で、「他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」(存立危機事態)に、これを排除するために実力を行使することは「憲法上許容される」としました。

「存立危機事態」の判断は時の政権の裁量任せで、集団的自衛権の行使に歯止めがなくなる危険があります。「憲法上許されない」から「許される」への文字通りの百八十度の転換です。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


 7月2日投票の東京都議会選挙を前に、各界の著名な51氏から「日本共産党の躍進に期待します」との声が寄せられています。

 都議選は、9条の改憲や政治の私物化で暴走する安倍政権に審判をくだす絶好の機会だけに、「豊洲問題で、共産党都議団の活躍はお見事でした。都政という伏魔殿に一条の光が差しこんだ思いです。

安倍暴走内閣の改憲野望を打ち砕くためにも共産党にもっともっと強くなってほしいものです」(俳優の鈴木瑞穂さん)などのエールが寄せられています。

 窪島誠一郎(無言館館長)、早乙女勝元(作家)、瀬戸内寂聴(作家・僧侶)、高畑勲(アニメーション映画監督)、中原ひとみ(女優)、那須正幹(作家)、浜矩子(同志社大学教授)、降旗康男(映画監督)、山鹿昭明(日本基督教団牧師)などの各氏からも期待が表明されています。

 「健全強力な野党があってこそ政治の公正が保たれるのです。共産党こそ、今、その任に耐え得る唯一の政党であると思います」(作家の山中恒さん)、「国家を私物化する総理の犯罪を追及できるのは市民の大きな力と日本共産党だけです」(歌手の横井久美子さん)など、日本共産党の役割に期待が高まっています。

 「健全強力な野党があってこそ政治の公正が保たれるのです。共産党こそ、今、その任に耐え得る唯一の政党であると思います」(作家の山中恒さん)、「国家を私物化する総理の犯罪を追及できるのは市民の大きな力と日本共産党だけです」(歌手の横井久美子さん)など、日本共産党の役割に期待が高まっています。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒



続きを読む

このページのトップヘ