No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

カテゴリ: ●マスコミ・報道

北朝鮮クライシスに韓国社会は・・・ (報道特集 2017/9/16 放送) 
国連安保理の新たな制裁決議に反発し、北朝鮮はまた弾道ミサイルを発射した。軍事境界線を挟んで対峙する韓国はこの危機的状況をどう受け止めているのか?脱北者は?緊急報告。


北朝鮮クライシスに韓国社会は・・・ 20170916houd... 投稿者 gomizeromirai

【キャスター】金平茂紀・日下部正樹(TBSテレビ報道局)、膳場貴子(TBS専属契約アナウンサー)

NHKスペシャル  核を求めた日本 ~被爆国の知られざる真実~


45年前の本土復帰までアジアにおけるアメリカ軍の“核拠点”とされてきた沖縄。

これまで、その詳細は厚いベールに包まれてきた。しかし、おととし、アメリカ国防総省は「沖縄に核兵器を配備していた事実」を初めて公式に認め、機密を解除。

これを受け、いま「沖縄と核」に関する極秘文書の開示が相次ぎ、元兵士たちもようやく重い口を開き始めた。そこから浮かび上がってきたのは、“核の島・沖縄”の衝撃的な実態だ。

1300発もの核兵器が置かれ、冷戦下、東西陣営の緊張が高まるたびに、最前線として危機的な状況に置かれていたこと、さらには、「核」の存在こそが、沖縄への米軍基地集中をもたらす要因となっていたという新事実・・・。

1950年代から急速に部隊の核武装化を進めようとしたアメリカと、国民の見えない所に「核」を欲した日本、両者の思惑の中、“唯一の被爆国”の番外地として、重すぎる負担を背負うことになった沖縄。

新資料と関係者への証言から、沖縄と「核」の知られざる歴史に光をあてる。


 とうとう夢の9秒台へ! ジェット桐生君、アッパレです!!

 でもって、アッパレでないのはアニー山尾君で、何度も書くけど自覚が足りな過ぎたね。それにしても、鬼の首を取ったようなTVによるバッシングの嵐ってのもいただけない。水に落ちた犬を叩くのにも限度ってものがあるだろうに。

 そんなTVの実態をノイホイ菅野氏がこんな具合に評している

1)文春や新潮が膨大なコストと人手を使ってネタを何ヶ月も追いかけて記事をつくる。テレビはそれを読み上げる

2)騒ぎになったんでスキャンダルの当事者が会見する。それをテレビが撮影するって流ればっかりでしょ?

テレビ、コスト一切かけてないでしょ?w

「週刊誌の不倫報道に腹が立たないけど、テレビの不倫報道に腹がたつのはこの点なのだ。

文春にしろ新潮にしろ、ものすごい人手とコスト使ってネタを追いかけて写しかも、週刊紙がネットで流した動画をそのまま使用するというお手軽さだ。

真とって記事書いてる。昔はテレビもそうやったんやろうけど、最近違うでしょ?「週刊誌がコストかけて作った記事」を読み上げてるだけでしょ」

続きを読む

木村草太さんが解説、今治市の市民団体が市を提訴…加計問題で 報ステ 20170906


木村草太さんが解説、今治市の市民団体が市を提訴…... 投稿者 gomizeromirai

<報道するラジオ> 北朝鮮核実験~これからどうなる
大阪市立大学 教授 朴 一さん
東京新聞 論説委員 半田 滋さん

北朝鮮がきのう、去年9月以来6回目となる核実験を行いました。
朝鮮中央テレビは、ICBM(大陸間弾道ミサイル)搭載用の水爆実験に完全に成功したと発表しています。

北朝鮮の核・ミサイル技術力は、どのレベルまで到達しているのでしょうか。
日本は、世界は、この脅威にどう向き合えよいのでしょうか。

きょうは、朝鮮半島情勢に詳しい大阪市立大学教授の朴一さんと一緒に、番組を進めます。

また、25年間にわたって防衛省の取材を続けてきた東京新聞論説委員の半田滋さんと電話をつなぎ、防衛省が北朝鮮の動きにどう対応しようとしているのか、そして、今後のシナリオについても、お話を聞きます。

このページのトップヘ