■2018年 3月12日【月】 財務省が書き換え認める~だれが、何のために?

森友学園との国有地取引の決裁文書で、財務省が書き換えを認めました。
書き換えは14件にのぼり、「本件の特殊性」などの文言が削除されたほか、
安倍昭恵氏や平沼赳夫元経済産業相などの政治家の名前も削除されていました。

麻生大臣によると、書き換えは去年2月の問題発覚後、国会答弁との整合性をはかるため、財務省理財局の指示で行われたということです。

書き換えを指示したのは具体的にだれなのか、政治家の関与はあったのか、麻生大臣の責任はどうなるのか、ジャーナリストで「新聞うずみ火」代表の矢野宏さんとともに考えます。

水野晶子キャスターは、東日本大震災の被災地を取材しています。
避難指示が去年4月に一部解除された福島県浪江町の現状と住民の思いを、現地から報告します。