私も、安倍首相と逢坂議員のやり取りは、たまたま中継を見ていたが、このやりとりの時はびっくりした。
首相が、軽々と民間人を誹謗中傷することになるかもしれない答弁を平気でしているから。

                          2/5(月) 17:21配信

立憲民主党・逢坂衆院議員「安倍昭恵さんが森友問題について、『私が真実を知りたいって本当に思います。何にも関わっていないんです』。と語ったと報じられている。真実を知りたいのは国民の皆さんなんです。まずは安倍昭恵さん自身が真実を語るべきなんですよ」

安倍総理大臣「この籠池さん、真っ赤な嘘、嘘八百ではありませんか。それをまた出てきたといって新たな事実といって、大きく報道されるということがずっと続いているんですよ。これは一体何なんだと思うわけでして

>真っ赤な嘘、嘘八百。

議事録に載ってしまう答弁で、しかも民間人をここまで貶めると言うのは、どう考えても品性に欠ける。
安倍首相だからこそ(皆がそういう人間だと思っている)誰も咎めないが、ヤジ同様、かつての総理がこういった答弁をしたら議会が紛糾していたと思うが。
野党はなぜ騒がないのか、人権にかかわる問題なのに。

安倍首相は、去年の10月にも
>籠池さんは詐欺を働く人間。昭恵も騙された。

このように国会で答弁している。
まだ裁判も行われていない当時も現在も、詐欺を働いたかどうかは裁判さえ行われてはいず、確定しているわけではない。

その時期に、国会で籠池がいかにも犯罪者のような言いかたは一般人ならともかく、一国の首相の答弁とは思えなかったが、懲りもせず、同じように籠池氏を誹謗中傷している。

妻を守るためなら国民をどれだけ誹謗中傷しても、何ら問題ないと思っているとしか思えないが、「私には国民の生命財産を守る義務がある」と何度も称している人間の答弁とも思えず。。

しかも未だ塀の中で、反論できない民間人に対して言いたい放題ともとられるような軽い発言は何なのか。

どうも昨日見た映画が「嘘八百」だそうで、早速使ってみたか。

どうもこの人は、答弁のマイブームがあってお気に入りのフレーズを何度も使う癖があるから、「嘘八百」もお気に入りに入れた可能性がある。

今日、バイキングを見ていたら、有馬晴海と言う政治評論家

>野党は攻めどころがないから予算委員会なのに、こういった国民受けのよい質問ばかりしているが野党は国民の方を見ていない、自分の選挙の事ばかり考えている、もっと国民に寄り添った質問をして貰いたい、もう国民はこの問題は飽きたと思っている。

と言うような発言をしていたが、本当に国民は飽きたのだろうか。
私は飽きてもないし、この問題を見過ごしたら安倍政権はますます図に乗って自分たちとそのお友達だけを優遇するような政治が展開されると思っているが。

そして首相とその夫人が国有財産を私物化しているかどうかの問題で、政府に真摯に答えるつもりがないからこそ、この問題がいつまで立っても解決を見ないのではないか。
諭すのは野党ではなく政府の答弁姿勢だ。

この人もっと気骨がある評論家なのかと思っていたが、なんだかがっかりだった。