安倍昭恵夫人が、籠池氏が財務省から帰ってきたとき、安倍夫人から首尾はどうでしたか?という録音を新たに共産党が入手した。それを受けてと思うが、昭恵夫人が、「私が真実を知りたいって、本当に思います。何にも関わっていないんです」 と述べていることが話題になっている。

安倍首相が国会で妻に聞いたら、妻は籠池氏には電話なんかかけていないと言ったという話に確証を与えようと発言したものと思われる。昭恵夫人がいらんことをいうために、マスコミに出てくるだけ、国民は夫人に対して嫌悪感を抱く。

しかし、安倍夫人がこんな否定話をするほど、国民はやはり昭恵夫人が籠池氏に電話を掛けたのだなと思うことを気が付いていない。自分は、証人、参考人の招致を受けるのを拒否しておきながら、外部でいくら否定しても、誰も信じない。

安倍夫人、首相が、籠池氏の話を否定するということは、籠池氏が嘘を言っているということを意味している。つまり、籠池氏が安倍夫妻のことについて嘘を言って、貶めようとしていることになる。国民の疑惑を黙らすためには、自身が出て来て反論して論破するしかないのだ。しかし、それが出来ないのが実態なのだ。

しかし、国民は、あれだけ安倍首相を持ち上げていた籠池氏が、嘘を言って安倍夫婦を貶めるとは思わない。

安倍夫婦が否定するほど、国民は納得しない。立憲の枝野代表は、首相に佐川氏の罷免を求めている。しかし、首相は自分たちを守るために「適材適所」と述べている。罷免すれば、安倍夫妻の所業を暴露されるのを恐れている。

時事放談の番組で、枝野氏は、「安倍さんに今さら何か言っても無駄だと思うので、むしろ国民の皆さんにお願いしたい。テレビのニュースはほんのひと部分。全部は無理かもしれないが、関心があったらインターネットで国会中継している。録画で見ていただきたい」と述べている。

NHKなどは、野党議員が追及した内容は映像で流さないで、アナウンサーが述べ、その答弁を首相、大臣が回答する場面を映す。これでは、政府の言いたいことを宣伝するだけになっている。

安倍首相は、度々主要マスコミの幹部と会食をしている。これでは、マスコミ批判が鈍るのは当たり前である。ここは、国民が監視と批判を続けるしかない。