185213e
第12号から16号まで、存在するはずの議事録1か月分がごそっと抜けている。=衆議院HPより、4月5日午前時点=

 森友疑惑で安倍首相が激しく追及を受けた衆院予算委員会の議事録が、一ヵ月以上経ってもHPに掲載されていないことが、分かった。

 掲載されていないのは2月17日、20日、23日、24日、25日の予算委員会。いずれも森友疑惑が取り上げられた。

 特に2月17日は安倍首相が「私や妻が関係しているということになれば総理大臣も国会議員も辞める」と答弁した日である。

 2月24日は宮本岳志(共産)議員の爆弾質問が飛び出した。2015年9月4日、近畿財務局9階の会議室で同局が森友学園側の工事業者と国有地の売買価格の交渉をした、とぶつけたのである。
 
応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

 予算委員会で安倍首相は色をなし、時に逆ギレした。「記録は破棄した」などと政府は虚偽答弁に終始した。議事録に残されては不都合な答弁のオンパレードだった。

 ところが3月23日にあった籠池理事長の証人喚問の議事録は掲載されている。一ヵ月も前にあった予算委員会の議事録は、まだであるにもかかわらず、だ。

 衆議院広報は田中の電話取材に「確認作業に手間取っている」と答えた。政府与党側がOKを出していない、ということである。「いつまでに(HP掲載が)出来るのか?」と重ねて問うと「答えられない」と逃げた。
df9913f8a7bfd158c5a6684c54768566
安倍首相が「(森友疑惑に)関係していたら辞めます」と大見得を切った映像はかろうじて残っている。=衆議院HPより、4月5日午前時点=

 議事録の未定稿(速記を起こしたもの)は大概その晩のうちに、上がってくる。内容はまったく問題がない。

 未定稿は質問者(議員)と答弁者(政府)のチェックを経て「決定稿」となりHPに掲載される。

 野党議員のある古参秘書は憤る。「野党は議事録で政府が認めたことを確認し、次の追及をする。これだけ遅いと・・・」。野党が確認を遅らせる理由は何一つないのである。

 議事録をめぐっては、政府は過去にも安倍首相の「私は立法府の長なんです」を「行政府の長」に改ざんした前科がある。

 安倍首相にかかったら国会の記録など無きに等しいのだ。この国はもう民主国家でも近代国家でもない。

  ~終わり~