No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

2017年03月


そろそろ罪を認めブチまけたらどうだ、財務省

 森友学園が断念した小学校をめぐり、大阪府の松井一郎知事と財務省が激しくやり合っている。設置認可のスピード審査と国有地の格安払い下げは、どちらが先に手を付けたのか。どちらに責任があるのか。

鴻池祥肇元防災相の陳情記録にあった「ニワトリとタマゴの話」でモメているのだが、森友問題の端緒であるだけに双方必死の攻防だ。
d2bdab0e2d234824d6418ecd2216ce0920170331161047925_262_262
籠池理事長(C)日刊ゲンダイ

 籠池泰典理事長に怒りの矛先を向けられた松井は、自民党の西田昌司参院議員に「この問題は大阪の審議会に始まった問題だ」と公然と突き放されて尻に火が付いた。財務省側が「国有地の処分は事業の許認可主体の判断が示されることが前提」と繰り返すことに猛反発。

「財務局職員がわざわざ府庁まで来た。売るつもりだと推察するのが当然」「国は親切やなと思った」と重ねて強調し、「4年間で近畿財務局から土地売却の協議に足を運ばれた事実は1件しかない」などと、舞台裏をペラペラとしゃべり始めている。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒
 

続きを読む

大竹まこと ゴールデンラジオ 2017.03.31


応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒


 これはまた安倍首相のチョンボになるんじゃないか――。森友学園問題で安倍首相が逆襲に出て、民進党の辻元清美衆院議員を攻撃した一件だ。

 政府が公開した、安倍昭恵夫人と森友学園の籠池諄子夫人とのメールに辻元議員の名前が登場。

そこに、「(辻元議員が)幼稚園に侵入しかけた」「作業員を小学校建設現場に送り込んだ」と書かれていたため、ネットで大騒ぎになった。もちろん民進党は否定していたが、産経新聞が28日、〈辻元氏 「3つの疑惑」〉と報じた。

これを受けるかのように、安倍首相は同日の参院決算委員会で森友側への「100万円の寄付」を否定する根拠を聞かれた際、「辻元議員にも同じことが起こっている。これも証明しなければならない」とやったのだ。

 ところが、である。29日、籠池夫人は著述家の菅野完氏の電話インタビューに答え、辻元の幼稚園侵入の記述に根拠がないことを白状した。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


自民の山東議員は、籠池事件をささいな事件と述べた。
自民党は、籠池氏がこれ以上口を開かせないように、何とか抹殺したいとやっきである。

籠池氏を大阪地検特捜部に出された告訴が受理された。たいてい、誰が告訴したか、マスコミのニュースを見ても出てきていない。告訴の内容は、補助金の不正受理と言われているが、籠池側から補助金5600万円が返金された。

国交省は森友学園側から返金の知らせをしなかったので、返金事実をしばらく確認していなかったらしい。この返金で、告訴に対する罰の重みは軽くなったと言われている。

最近、籠池氏は証人喚問後、沈黙を守っている。その後の首相、自民党の籠池氏への言動は、口を極めて批判している。このままでは、座して死を待つしかなく、無駄死にである。このまま泣き寝入りはイヤとばかり、もう一段の暴露により安倍夫妻を窮地に落とすべきである。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

20170330-1
デマ拡散のヒエラルキー。

こうした連中にとっては、デマを広げるのは原発問題だけが対象ではなく、すべてがデマの対象なんだろう。
生まれつきの詐欺師ということだね。

・安倍晋三、和田政宗、三原じゅん子、中山成彬・・・情報源は大嘘情報製造機・産経新聞と2chだと(爆笑)

・松井一郎、足立康史、浅田均、丸山穂高ら、ヤクザ政党・維新の嘘つきチンピラ議員ども

・山口敬之、百田尚樹、竹田恒泰、辛坊治郎、モルモン教徒のケント・ギルバート、びびるモーリー・ロバートソンら、おなじみデマ拡声言論人たち。

もっと下層には、上念司、池田信夫、高橋洋一、石井孝明ら、お馴染み、「なりふり構わず」のブラック・デマゴーグの常連たちが控えている。

・もちろん、最下層には、安倍のお気に入り、保守速報、ハムスター速報、アノニマス・ポストなどの極右デマ・アフィリエイト情報サイト群・・・

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


安倍首相のもう一人の天敵辻元清美が、ネトウヨたちに絡まれている。

当然その絡むネトウヨ仲間には、安倍首相や悪代官菅も入っているが、一国の首相とそのNO.2までがネトウヨと同じような思考に陥っている不思議。

 日刊スポーツ 3/28(火) 12:56配信

>安倍晋三首相は28日の参院決算委員会で、学校法人「森友学園」の問題に関連し、籠池泰典氏の妻が首相の昭恵夫人に送っていたメールに名前が登場した、民進党の辻元清美衆院議員に言及した。

>民進党の斉藤嘉隆議員が、籠池氏が夫人を通じて100万円を寄付されたと主張していることに触れ、首相サイドが授受を否定している根拠をただし、「否定するなら根拠を示さなければならない」と指摘。

>これに対し、首相は辻元氏が公の場で説明していないことを念頭に、「御党の辻元議員との間にも、同じことが起きている。今日の新聞に『3つの疑惑』と出ていましたね」と、不機嫌そうに言い放った。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む


2017/03/30 に公開  noiehoie
テレ朝は菅野完を「籠池氏周辺」と紹介するならば、
山口敬之や田崎史郎を「官邸周辺」と紹介すりゃいいんですよ。 
まあできんでしょうけどね。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒


 今回は、疑惑が増幅するばかりに見える森友学園問題をあらためて整理したいと思います。国有地が格安で売却された疑惑の真相などは今なお不明ですが、問題の大きな輪郭は明瞭に浮かび上がってきたと僕は考えるからです。

 (1)森友学園は、運営する幼稚園の園児に教育勅語を暗唱させるなど、超復古的な教育方針を公然と掲げ、これを実践していた。
 
しかも理事長は異民族やマイノリティーにたびたび差別言辞を浴びせていたというのに、学園の教育を首相も、首相の妻も、防衛相も、元防災担当相らも、当初は高く評価していた。

 (2)その学園が、同じ教育方針を実現するための小学校開設を目指し、自らを評価してくれている政権の主を前面に押し立てた。一時は首相の名を校名に冠し、首相の妻を名誉校長に担ぎ、国有地の入手などでは、首相の妻や元防災担当相らに“働きかけ”を行った。

 (3)それが功を奏したかは不明だが、理事長に言わせれば「神風」が吹き、学校用地の入手や設置認可の手続きはトントン拍子で一挙に進展した。 
 
 (4)ところがメディア報道で国有地売却の不透明さが指摘されると、逆風が吹き始めた。
学園の教育を評価してくれていたはずの首相や元防災担当相らも、風向きの悪化を察知して理事長を「しつこい」「無礼者」などとこきおろし、四面楚歌(そか)に陥った理事長は国会の証人喚問などでの“爆弾証言”で逆襲に出ている--。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

安保法1年 隠蔽の上に積んだ実績 <朝日新聞社説>
2017年3月30日(木)付

 安全保障関連法の施行から、1年が過ぎた。

 集団的自衛権の行使に道を開き、自衛隊の海外での活動をめぐる政府の裁量の幅を拡大し、米軍などへの兵站(へいたん)(後方支援)を世界中で可能にする。

 そんな安保法は「違憲だ」と問う訴訟が全国で続く。民進など野党は「違憲法制」の白紙撤回を求めている。1年がたったからと「違憲」が「合憲」へとひっくり返るはずがない。

 安全保障政策が機能するには国民の理解と納得が不可欠だ。だがこの1年、理解を広げようとする政府の努力はほとんど見えなかった。逆に見せつけられたのは、国民やその代表である国会に情報を隠したまま、安保法の「実績」をつくろうとした政府の不誠実である。

 安倍政権は昨年11月、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊に、安保法に基づき「駆けつけ警護」の新任務を付与した。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

このページのトップヘ