No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

2015年03月

天木直人のブログ 2015年03月31日

 翁長知事と安倍・菅政権の戦いは、どうやら最終局面に入って来たようだ。
 翁長知事は沖縄住民のために、そして日本国民のために、この戦いに勝たなければいけない。

 そして勝てる。
 正義は沖縄にあるからだ。

 どうすればいいのか。
 何度も書いて来た通り、翁長知事の最後の切り札は米国カードである。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

毎日新聞 2015年03月31日 東京朝刊
46fcc508
想定される当面の流れ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設作業をストップするため翁長雄志(おながたけし)知事が県漁業調整規則を根拠に出した指示は30日、林芳正農相の判断で一時的に効力を止められた。

県が新たな対抗手段をとらなければ、沖縄防衛局による現場海域での移設作業は当面続く見通しだ。農相の執行停止決定は移設作業の遅れによる「日米間の重大な損害」にも言及し、政府は譲歩の姿勢を見せていない。

翁長氏は岩礁破砕許可取り消しの検討に入ったが、県は苦しい対応を迫られている。

 沖縄防衛局による林農相への執行停止申し立てに対し、県は27日の意見書で、国が不服を申し立てることは制度上できないとして、却下を求めていた。防衛局の請求の適否を同じ政府内の農相が判断するのはおかしいというわけだ。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

<沖縄タイムスの社説>[農相「無効」決定] 透明性も適格性も疑問
2015年3月31日 05:30

 疑問が多く承服できない。最初から官邸内部で調整された、結論ありきの判断と見られても仕方ないだろう。

 辺野古の海に投下された大型コンクリートブロックがサンゴ礁を破壊した可能性が高いとして翁長雄志知事が沖縄防衛局へ出した新基地建設作業の停止指示について、林芳正農相は指示の効力を止める「執行停止」を決めた。

 翁長知事の停止指示に対して防衛局は行政不服審査法に基づき農相へ指示の取り消しを求める審査請求と、結果(裁決)が出るまでの指示の執行停止を申し立てていた。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

2015年3月31日(火)付

 政府による特定秘密の指定や解除の運用をチェックするために設置された、衆参両院の「情報監視審査会」がきのう、初会合を開いた。

 ようやく、である。

 本来、昨年12月の特定秘密保護法の施行にあわせて始動するのが筋だった。しかし昨年11月に安倍首相が衆院を解散したため協議が中断。越年しても委員を選任できない状態が続き、施行から4カ月近く経った。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

2015年3月31日(火)付

 太平洋沖の海底のくぼみ「南海トラフ」での巨大地震に備えて、国の中央防災会議がきのう応急対策活動計画をまとめた。

 事前に大まかな計画をつくっておく。実際に発生したら、被災状況がわからなくても救援に動き出す。そんな内容には、東日本大震災の教訓を生かそうとする姿勢が感じられる。

 この計画で、本物の災害時にどこまで有効に対処できるか。そこは不断の見直しによる更新を重ねてゆくしかあるまい。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

このページのトップヘ