No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

2015年03月

天木直人のブログ 2015年03月31日

 翁長知事と安倍・菅政権の戦いは、どうやら最終局面に入って来たようだ。
 翁長知事は沖縄住民のために、そして日本国民のために、この戦いに勝たなければいけない。

 そして勝てる。
 正義は沖縄にあるからだ。

 どうすればいいのか。
 何度も書いて来た通り、翁長知事の最後の切り札は米国カードである。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

毎日新聞 2015年03月31日 東京朝刊
46fcc508
想定される当面の流れ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設作業をストップするため翁長雄志(おながたけし)知事が県漁業調整規則を根拠に出した指示は30日、林芳正農相の判断で一時的に効力を止められた。

県が新たな対抗手段をとらなければ、沖縄防衛局による現場海域での移設作業は当面続く見通しだ。農相の執行停止決定は移設作業の遅れによる「日米間の重大な損害」にも言及し、政府は譲歩の姿勢を見せていない。

翁長氏は岩礁破砕許可取り消しの検討に入ったが、県は苦しい対応を迫られている。

 沖縄防衛局による林農相への執行停止申し立てに対し、県は27日の意見書で、国が不服を申し立てることは制度上できないとして、却下を求めていた。防衛局の請求の適否を同じ政府内の農相が判断するのはおかしいというわけだ。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

<沖縄タイムスの社説>[農相「無効」決定] 透明性も適格性も疑問
2015年3月31日 05:30

 疑問が多く承服できない。最初から官邸内部で調整された、結論ありきの判断と見られても仕方ないだろう。

 辺野古の海に投下された大型コンクリートブロックがサンゴ礁を破壊した可能性が高いとして翁長雄志知事が沖縄防衛局へ出した新基地建設作業の停止指示について、林芳正農相は指示の効力を止める「執行停止」を決めた。

 翁長知事の停止指示に対して防衛局は行政不服審査法に基づき農相へ指示の取り消しを求める審査請求と、結果(裁決)が出るまでの指示の執行停止を申し立てていた。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

2015年3月31日(火)付

 政府による特定秘密の指定や解除の運用をチェックするために設置された、衆参両院の「情報監視審査会」がきのう、初会合を開いた。

 ようやく、である。

 本来、昨年12月の特定秘密保護法の施行にあわせて始動するのが筋だった。しかし昨年11月に安倍首相が衆院を解散したため協議が中断。越年しても委員を選任できない状態が続き、施行から4カ月近く経った。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

2015年3月31日(火)付

 太平洋沖の海底のくぼみ「南海トラフ」での巨大地震に備えて、国の中央防災会議がきのう応急対策活動計画をまとめた。

 事前に大まかな計画をつくっておく。実際に発生したら、被災状況がわからなくても救援に動き出す。そんな内容には、東日本大震災の教訓を生かそうとする姿勢が感じられる。

 この計画で、本物の災害時にどこまで有効に対処できるか。そこは不断の見直しによる更新を重ねてゆくしかあるまい。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

経済アナリストの森永卓郎が、辺見えみりと大竹まことに、古賀茂明氏のテレビ朝日「報­道ステーション」降板騒動について語っています。



原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

46fcc508閣議決定された武力行使3要件

現行憲法下での集団的自衛件行使は違憲と語る首都大学東京の木村草太准教授=3月、都内の同大学



 安倍政権による昨年7月の集
団的自衛権の行使容認の閣議決定は、実際のところ何を意味するのか。
現行憲法を基軸に、閣議決定の中身は、その効力は。そして今後始まる安保法制の論議で、国民は何を注視して議論すべきか。憲法学者の木村草太さんに聞いた。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

コラム2015/3/28 18:00 - リテラ
46fcc508
内閣官房長官・衆議院議員 菅義偉ホームページより

 27日の『報道ステーション』(テレビ朝日系)での古賀茂明氏の発言が大きな反響を呼んでいる。本サイトでも2ヵ月前に報道していた「官邸からの圧力による『報ステ』女性チーフプロデューサーの更迭と古賀降板」を裏付ける内容に、ツイッターで「報ステはだらしない」「古賀さん、よく言った!」「やっぱり官邸の圧力なのか」などの書き込みが殺到している。

 しかし、不可解なのが、その一方で古賀批判が盛り上がりを見せていることだ。その代表的なものが「官邸の圧力というのは古賀氏の被害妄想」という意見だろう。
 
原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒
 続きを読む

 沖縄の基地問題ではしばしば、法治の常識を超越し、それを骨抜きにすることが起きる。裁判の判決が下される前に内容が外部に漏れ、当事者不在で報じられる。それと同等な異常事態が起きている。

 米軍普天間飛行場の移設を伴う新基地建設に関し、林芳正農相は翁長雄志知事が沖縄防衛局に命じた海底作業停止指示を一時的に無効とする判断を固めた、という。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

2015年3月30日

 有権者が投じる一票に不平等がある。昨年末の衆院選は格差が最大二・一三倍だった。全国の高裁・支部で相次ぐ判決は、国会の裁量権に甘すぎないか。
 
 男性が「一票」なのに女性が「〇・五票」なら間違いなく違憲無効になる。仮に東京の有権者が「一票」で、大阪や名古屋の有権者が「〇・五票」ならばどうか。大阪の人も名古屋の人も声を上げて立腹するに違いない。
 
 住んでいる地域によって、こんな不平等が起きるのはおかしい-、それが訴訟の本質だ。昨年十二月の総選挙は宮城5区が「一票」なのに、東京1区は「〇・四七票」だった。原告が求めるのは、「一人一票」の選挙だ。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

このページのトップヘ