No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

2015年01月

 経済産業省が、電源をどのように組み合わせて電力を賄うのか、エネルギーミックスの議論を本格化させました。原発の割合をどの程度にするかが焦点とされています。

日本ではこれまで50基以上つくられた原発が、2011年3月の東京電力福島第1原発の重大事故後次々と停止し、1年半近くにわたって1基も動いていません。それでも昨年の冬も夏も、今年の冬も電力を賄えています。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

47歳になったアーサー・ビナードさん、集団的自衛権の閣議決定についてのお話です。
・戦争に巻き込まれることはありえないというならこんな茶番をやる必要はない 憲法もこれまでどおりの憲法解釈を踏襲すればいい
・自衛権と集団的自衛権の違い理解してない人が多い
中国や北朝鮮から攻撃を受けたら、今までの憲法解釈でも個別的自衛権で防衛できるのに­、多くの人は狙った演出に引っかかっちゃてる 2014/10/07 に公開



原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

5
2015年1月23日に放送された、報道ステーション「イスラム国 日本人殺害予告 事件の背景には何が…」を紹介します。


古賀茂明氏「安倍さんのせいで、日本はアメリカやイギリスと同じような国だと思われつつある... 投稿者 kotetsu1111

動画の内容 (古賀茂明氏の解説部分・全文書き起こし)→ 次ページ

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

かっちの言い分  2015/01/30 20:43  

今までの国会もそうだったが、今回の補正国会ほど、政権のダレ切った姿を見たことがない。

強烈に印象に残ったのは、維新の松野議員の質問に対する答えだ。安倍氏がかつて公約した定数削減問題について、国会議員が身を切ることをしないで昨年12月に解散したのは、どういう理由かを質問したときの回答が、自分は総理大臣で解散するのは自分の特権であり、それを行使したまでだと言ったのだ。この答弁に至っては、答弁の体を成していない。全く人をバカにした答弁で、まるで専制君主国に議論のようだ。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒
続きを読む

植草一秀の『知られざる真実』2015年1月30日 (金)

湯川遥菜さんは殺害されたとの情報が伝えられている。
後藤健二さんは依然として拘束されたままの状況で、安否が心配されている。

1月24日に、湯川さんが殺害されたように見える写真を携えて、後藤さんが救出される条件を、後藤さん自身が語るyoutube動画が投稿された。

後藤さんの発言内容はイスラム国が用意したものであると考えられる。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒
続きを読む

2015年1月31日
 
 東京電力は、福島第一原発内の高濃度汚染水を年度内に処理する目標を断念し、五月中へと延期した。大量の汚染水は廃炉作業の妨げになっている。しかし、その処分には国民の理解が欠かせない。

 メルトダウン(炉心溶融)して溶け落ちた核燃料は、それが、どこに、どのような状態であるのかもわかっていない。

 建屋には今も、一日三百五十トンの地下水が流れ込み、放射能に汚染され、たまっていきつつある

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒
続きを読む

毎日新聞 2015年01月31日 東京朝刊
46fcc508
「イスラム国」と欧米の情報戦


 日本人人質事件を起こしたイスラム過激派組織「イスラム国」(IS)のインターネット上の広報宣伝戦略について、国際社会が対策に乗り出している。

米欧当局は反ISの広報映像を制作してネガティブキャンペーンを展開。エジプトは過激派関連サイトの閉鎖を提唱した。

ただ、膨大な情報が常時発信されるネットの世界で全てを規制するのは非現実的だ。「表現の自由」との兼ね合いもあり、現状では対抗策は限られているのが実情だ。【カイロ秋山信一、八田浩輔】

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒
続きを読む


 今、地球上では、巨視的に見て、キリスト教文化圏対イスラム教文化圏という対立の構図で、実際の戦争を含めて壮大な抗争が展開されている。

 世界史を見れば、ペルシャ帝国、ローマ帝国、モンゴル帝国等の興亡、大航海時代、大英帝国等、国々の侵略、支配(これらは今日の国際法では違法)、独立の繰り返しで今日に至っている。その過程で、先行して文明が発展してきたキリスト教諸国が、聖書と銃を携えて、当時は「後進国」と呼ばれていたイスラム教諸国を植民地にしていった。その後、第2次世界大戦を経て民族自決の時代に至りイスラム教諸国は独立した。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

アーサービナード【イスラム国】はアメリカの積極的平和主義の結果【イラク情勢】
アーサー・ビナードさんが、混迷する中東情勢について話しています。2014/10/18 に公開


中東で今起こっていることは、元々は石油をめぐる欧米の利権争い。
サダム・フセイン、ビンラディン、ISIS 全てアメリカが育てたもの。
どっちが正しいかは欧米の都合で決まる。被害を受けてるのはいつも一般市民。
アメリカが70年間やってきたのは積極的平和主義。安倍政権が今同じことやろうとして­いる。積極的に人殺しに加わろうとしている。

ジャーナリストの神保哲生さんが、眞鍋かをりと大竹まことに、総選挙での民主党の自爆­と報道されないマスメディアの終焉について語っています。
「大竹まこと ゴールデンラジオ」 
 出演:神保哲生 大竹まこと 眞鍋かをり 太田英明アナウンサー



原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

このページのトップヘ