No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

2014年05月

◆騒ぎ恐れ過剰自粛 はだしのゲン「市民が応援団に」 

「申し訳ないけど明日のことは、ちょっと」 

昨年10月、漫画「はだしのゲン」の翻訳家アラン・グリースン(62)=東京都杉並区=に、区内の中学校長から電話があった。翌日、生徒にゲンを世界に伝える意義などについて話す予定だったが、それを中止にするという連絡だった。 

ランキング参加中、応援クリックよろしくお願いします!  
 ⇓
 ⇒
 

続きを読む

5
2014年5月29日に放送された、そもそも総研「そもそも原発再稼働差し止め判決に、再稼働賛成派・反対派は」を紹介します。

原発再稼働「差し止め」判決

morningbird_somosomogenpatsusaikadousashitomeha... 投稿者 soekosan 

ランキング参加中、応援クリックよろしくお願いします!  
 ⇓
 ⇒  

集団的自衛権の行使に関する論議は二つに分けて考察することが必要だ。
ひとつは、集団的自衛権行使そのものの是非。
もうひとつは、憲法解釈を変更することの是非。

両者を区分して議論するべきであるが、国会論戦を含めて、両者が混同された論議が多い。

ランキング参加中、応援クリックよろしくお願いします!  
 ⇓
 ⇒

続きを読む

 原発再稼働にひた走る安倍晋三政権の露骨な人事介入と言わざるを得ない。

 政府は、原子力規制委員会の島崎邦彦委員長代理と大島賢三委員が9月の任期満了時に退き、その後任に田中知(さとる)・東大大学院教授と石渡(いしわたり)明・東北大教授を充てる人事案を提示した。

ランキング参加中、応援クリックよろしくお願いします!  
 ⇓
 ⇒

続きを読む

8e4b01a7e79bc5273da2ba804aec2c76 漫画「美味しんぼ」騒動で、多くの有識者やコメンテーターが各々の見解を展開するなか、作家の室井佑月氏は、「何を言っても『風評』と言われるのがオチ」とあきれる。

*  *  *
 この原稿を書いているのは5月18日。昨日、安倍総理が福島に視察にいって、「政府としては、根拠のない風評を払拭していくためにも、しっかりと正確な情報を分かりやすく提供していく」と発言した。

 小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」の漫画「美味しんぼ」騒動を踏まえての発言だ。

ランキング参加中、応援クリックよろしくお願いします!  
 ⇓
 ⇒
続きを読む

NHK かんさい熱視線 2014.5.30 
今月21日、福井地裁で大飯原発の運転を差し止める判決が下された。 
福島第一原発事故後、原発を運転しないよう命じた初の司法判断だ。 
地震のメカニズムは科学的に解明しきれておらず、福島の事故の原因究明もできていない中、安全性に不安を抱く住民の「人格権」を守るには国の規制をクリアするだけでは不十分と断じた。 福島の経験を踏まえ、万が一にも深刻な事故が起こらない原発にするにはどうすればよいのか。 判決から考える。


判決は何を問いかけたのか 大飯原発差し止め訴訟 投稿者 tvpickup 

ランキング参加中、応援クリックよろしくお願いします!  
 ⇓
 ⇒  

5
慶応大学経済学部の金子勝教授が、原子力規制委のカネまみれの後任人事案に激怒して、­室井佑月と大竹まことに語っています。
「大竹まこと ゴールデンラジオ」 2014/5/30 大竹紳士交遊録

金子勝×室井佑月×大竹まこと:原子力規制委のカネまみれ人事案に激怒


ランキング参加中、応援クリックよろしくお願いします!  
 ⇓
 ⇒

 安倍晋三首相による集団的自衛権の行使容認検討の表明(15日)を受け、初めての国会論戦が行われました。首相は「武力行使を目的として戦闘行為に参加することはない」などと繰り返しました。衆院予算委員会で質問に立った日本共産党の志位和夫委員長は首相の主張がごまかしであることを明らかにし、憲法解釈の変更で可能にしようとしている集団的自衛権の行使とは、戦地に自衛隊を派兵し、「アメリカの戦争のために日本の若者の血を流す」ことであることを浮き彫りにしました。

ランキング参加中、応援クリックよろしくお願いします!  
 ⇓
 ⇒

続きを読む

005 北朝鮮が拉致被害者らの再調査に応じることになり、安倍晋三首相は29日、「全面解決に向けた第一歩」と強調した。政府は見返りとして北朝鮮に対する独自制裁の解除を約束。日朝双方が歩み寄り、足踏み状態が続いた拉致問題は再び動き出す。

しかし、調査の実効性をどう担保するのか、北朝鮮の核・ミサイル問題で米国や韓国との足並みが乱れる恐れはないのかといった懸念はなお残る。

 ◇「前進」の印象狙う

 ●日本

 首相は29日、岸田文雄外相ら3閣僚を首相官邸に集め、前日までの日朝外務省局長級協議を踏まえた対応を協議した。出席者から「北朝鮮が再調査を実施しなかった過去の経緯もある」と慎重意見も出たが、首相は再調査と北朝鮮への制裁解除の同時実施を決断した。

ランキング参加中、応援クリックよろしくお願いします!  
 ⇓
 ⇒
続きを読む

原子力規制委員会の委員に田中知(さとる)東京大大学院教授を充てる政府の人事案に対し、2012年に定めた人選基準の「欠格要件」に当たるという批判が高まっている。政府は、基準から外れても違法ではないとするが、「中立公正」を目的とした人選基準をほごにしてよいのか。(出田阿生) 

ランキング参加中、応援クリックよろしくお願いします!  
 ⇓
 ⇒
続きを読む

このページのトップヘ