No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

原発関連ブログ 最新記事!


森友問題は最近マスコミに出てこなくなったが、昨日の報道ステーションが、昨年3月15日に、財務省の田村嘉啓・国有財産審理室長らと籠池夫妻との会合の会話録音を公開した。

この日以降、籠池氏が「神風」が吹いたという会談である。この録音の声は、籠池氏が、校庭からゴミが出てきたことについて、田村財産審理室長をかなり強い口調で問い詰めていた。そこに、籠池夫人が畳みかけて合いの手を入れていた。

この中で、籠池氏は、安倍首相夫人の名前を錦の御旗のように言って、なんとかしろと脅していた。明らかに昭恵夫人の威光を利用した言い方である。

田村氏は口数は少なかったが、「貸し付けが特例だった」、ゴミについて「重大な問題と認識」「明日、近畿財務局の方からおうかがいをして、土壌処理をどう進めるか話し合いましょう」などと発言した。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

5
<元祖森友>音声データから新事実「神風の原点」籠池夫妻が財務省に直談判


■【羽鳥慎一モーニングショー】 【2017.04.26】

籠池氏が財務省に直談判!! 神風の原点?内容は

(特集・森友学園)
共産党の宮本議員が3月に行われた籠池夫妻と財務省の面談が録音された音源があると発言。その面談で籠池氏が昭恵夫人の名前を使い圧力をかけた可能性も指摘されている。一方森友学園は債権者説明会を開き幼稚園を運営しながら再建を目指すと説明。森友問題の舞台裏にせまる。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

■【報道ステーション】【2017.04.25】籠池氏vs財務省、音声データ語る新事実

「報道ステーション」が国会で宮本衆院議員が指摘した2016年3月15日に籠池理事長夫妻が財務省田村審理室長と面談した際の「音声記録」を報道。財務省が「ゴミ埋め戻し」を求めた「9・4ペーパー」の記録、安倍昭恵夫人の名もだしての交渉も赤裸々に。
 

財務省幹部と籠池夫婦との会話記録発覚20170425hou... 投稿者 gomizeromirai

森友学園の問題をめぐり、籠池泰典夫妻が去年3月15日、財務省で理財局国有財産審理室の田村室長らと面会した時の音声データが見つかった。

田村室長は、安倍昭恵夫人付きだった経済産業省職員からの問い合わせに対応していた人物だ。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

■【報道ステーション】【2017.04.25】
共謀罪  一般市民を捜査対象の可能性高い、参考人質疑 
共謀罪一般市民を捜査対象の可能性高い、参考人質... 投稿者 gomizeromirai

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

5
■2017年 4月24日【月】 共謀罪~国会審議から見える実像

「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」が新設される
組織犯罪処罰法改正案の本格審議が、先週、衆議院法務委員会で始まりました。

政府は、
<1>「組織的犯罪集団」に限定することを明文で規定
<2>対象犯罪を限定的に列挙し明確化(277種類)
<3>計画だけでなく実行準備行為があって初めて処罰される
という3つの理由で、
「今回の法案は過去に廃案になった『共謀罪』とは大きく異なる。
 一般の人が対象になることはない」という見解です。

今夜は、この問題に詳しい伊賀興一弁護士(大阪弁護士会)をゲストに迎え、
国会の論戦をダイジェストで紹介しながら、
この法案をどう見ればいいのか、本当に問題点はないのか、考えます。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

2017/04/25 に公開

金子勝×室井佑月×大竹まこと「バカの最終局面!特に大臣が凄い!」
バカの最終局面に入った。大臣が凄いじゃないですか!

鶴保庸介、稲田防衛大臣、今村復興大臣、金田法務大臣、山本地方創生大事、中川俊直、務台俊介…

全部閣議決定で決めている! 国会を舐めきっていいる!
バカが威張る時代に、メディアも流さない

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

辺野古埋め立て強行 「対話なき強権」の果てに <朝日新聞社説>
2017年4月26日(水)付

 米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古沿岸できのう、政府が護岸工事に着手した。

 沖縄県や多くの県民の反対を押し切っての強行である。

 従来の陸上工事や海上の浮き具設置と異なり、埋め立て予定地を囲む護岸を造るため、海に大量の岩石や土砂を投入する。このまま進めば一帯の原状回復は困難となる。辺野古移設は大きな節目を迎えた。

 この問題が問うているのは、日本の民主主義と地方自治そのものである。

 ■原点は基地負担軽減

 政府は安全保障上、米軍基地は必要だと強調する。これに対し、県は県民の安全・安心のため基地の削減を求める。

 政府のいう公益と、地方の公益がぶつかった時、どう折り合いをつけるか。対話のなかで合意できる領域を探ることこそ政治の使命ではないか。

応援クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

このページのトップヘ