No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

原発関連ブログ 最新記事!

msn 産経ニュース 2011.11.8 12:34

 原子力発電所の経済性を検証している国の原子力委員会の小委員会は8日、原発事故に伴うリスクを考慮した発電コストの上昇分を最大で1キロワット時当たり1・6円とする新たな試算案のとりまとめに合意した。
続きを読む

毎日新聞 2011年11月8日 2時30分

 政府が、東京電力と原子力損害賠償支援機構が共同で提出した「緊急特別事業計画」を認定した。

福島第1原発事故の賠償金支払いのため、東電に約8900億円を援助する。しかしこれは、東電の債務超過を当面回避するための資金繰り支援という性格が色濃い。
続きを読む

NHK 11月7日 19時40分   

福島県郡山市の幼稚園児240人余りについて、ことし6月までの1年間の体重の増え方を調べたところ、去年の同じ年齢層の4分の1程度にとどまっていたことが分かり、

調査した小児科医は「原発事故で外遊びができず、食事の量が減るなどしたのではないか」として、追跡調査の必要性を指摘しています。続きを読む

11/3(木) 底なしの放射能汚染
解説 :青木理(ジャーナリスト)

どう考えても日本はこれからが地獄なわけです。チェルノブイリ周­辺で起きている事の惨たらしさ…案の定お上は無反省にまだ原発を­推進する。

この先に待っているものは経済至上主義への天誅ではな­いか?人命国土を穢してもなお原子力に未来を託す政府。論理的技­術的にも絶対安全な原発など到底無理。次の大地震がこない保証は­ないのですから…
 

NHK NEWS 11月3日

【動画】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111103/t10013707991000.html

 東日本大震災で出たがれきの一部を被災地以外で処理するため、岩手県宮古市から運び出されたがれきが3日朝、東京に到着しました。

都内の処理業者の施設では、埋め立てに備えてがれきを細かく砕くなどの作業が始まりました。



続きを読む

給食の牛乳からセシウム、説明を怠る明治と町田市-2/2
東洋経済  11/11/01

 では、問題の牛乳は明治が言うように「安全」といえるのか。崎山氏は、「原発事故後、数日間で取り決めた国の暫定規制値は前提とする被曝線量限度自体が高すぎる。

それゆえに規制値を下回っていれば安全ということにはならない」とする。そのうえで、「学校給食の牛乳は子どもが毎日飲むもの。子どもは放射能への感受性が高いだけに、メーカーはゼロに近づける努力とともに検査データを公表すべきだ」と話す。
続きを読む

給食の牛乳からセシウム、説明を怠る明治と町田市-1/2
東洋経済  11/11/01

 東京・町田市の学校給食で出されていた牛乳に、放射性物質セシウムが混入していることが判明した。小中学生の子どもの保護者や市民に衝撃が広がっている。


 セシウムが検出されたのは9月6日。保護者からの強い要望を受けて、町田市の吉田つとむ市議(市議会副議長、志政クラブ所属)が専門検査機関の放射能汚染食品測定室に学校給食で提供された牛乳の検査を委託。すると、セシウム134と同137合計で6ベクレル/キログラムが検出された。

続きを読む

このページのトップヘ