No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

原発関連ブログ 最新記事!

原子力安全・保安院:世論工作、
浜岡原発シンポやらせ要請 国民の不信拡大必至


 電力会社だけでなく経済産業省原子力安全・保安院までが「世論工作」に手を染めていた--。中部電力浜岡原発4号機(静岡県御前崎市)のプルサーマル計画を巡る07年の政府主催シンポジウムで、保安院による中部電への賛成派動員指示が発覚した。九州電力の「やらせメール」問題に続く「原子力村」の不祥事。中立の立場で安全規制を担う保安院だけに、国民の原子力への不信拡大は避けられず、原発再稼働の大きな障害となるのは必至だ。【まとめ・井上英介】

 中部電が保安院の依頼で一度は作成したやらせ質問文案は同社に残っていた。プルサーマルのコストや化石燃料があと何年もつのかなどを尋ねる内容だった。名古屋市の中部電本店で29日会見した同社の寺田修一法務部長は「プルサーマルに賛成または中立の質問を求められた」と話し、国による意見操作であるとの認識を示した。

 「非常にけしからん話だ」。原子力安全委員会の委員長代理を過去務めた住田健二・大阪大名誉教授(原子炉物理学)は憤慨する。「世論誘導は原子力業界の常識だったのかもしれないが、電力会社がやるならまだしも、中立的立場をとるべき規制機関が世論誘導を促すのはあってはならない」と批判した。その上で「シンポジウムは原子力のあり方を国民が考える場なのに『そんな無理までしていたのか』と国民は感じるだろう。原発再稼働に大きなマイナスになるのは確実だ」と憂慮する。

 浜岡原発が立地する地元・静岡でも困惑の声が上がる。同県の小林佐登志危機管理監は「保安院が特定意見を地元の人に表明するよう中部電に依頼したのは問題」と指摘。一方で「それを中部電が最終的に拒否したことは常識が守られたと評価したい」と述べた。

 御前崎市役所原子力政策室の鈴木雅美室長も「保安院の依頼には違和感を感じる」。ただ、中部電が社員らを動員した点については「空席があれば地元の社員らが自主的に参加するのは構わないのではないか。この種の説明会では反対意見が目立つ傾向にあり、それが地元の総意のように受け取られかねないことも事実」と話した。

 浜岡原発運転差し止め訴訟事務局次長の塚本千代子さんは「驚きもしない。前から分かっていたこと。シンポに出ると、いつも地元の漁協や農協の人が発言して原発推進意見を述べるが、あれも頼まれていたのだと思う。シンポ自体が国や中部電が市民に対して説明したというアリバイを作るためのものでパフォーマンスでしかない」と断じた。

毎日新聞 2011年7月29日 東京夕刊

中電、プルサ計画説明会で保安院からやらせ指示告白 内紛?


クリックをお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
人気ブログランキングへ

「福島の作業員被ばく別枠」 保安院が上限緩和要請、厚労省拒否

 経済産業省原子力安全・保安院が、福島第1原発の事故収束に当たる作業員の被ばく線量を、通常時の被ばく上限値と「別枠」扱いにすることで、上限値を大幅に緩和するよう厚生労働省に働き掛けていたことが分かった。保安院は原発や作業員の安全を守るのが主な役割だが、これに逆行する行為ともいえ、批判を浴びそうだ。

 保安院によると、同院の寺坂信昭院長が4月1日、厚労省の労働基準局長と面談。今後、収束作業で作業員が被ばくしていくと、現在の被ばく線量のルールでは人手不足になる恐れがあると説明した。

 既に政府は、福島第1の収束作業に限って、被ばく線量の上限を250ミリシーベルト(通常は年間50ミリシーベルト、5年間で計100ミリシーベルト)まで緩和していたが、寺坂院長はさらに、福島第1での被ばく量は通常時の上限値に含めないよう「別枠」とする緩和を求めた。

 この通り緩和されると、仮に福島第1で250ミリシーベルトを被ばくしても、別の原発に移れば「5年間で100ミリシーベルト」の枠が残ることになる。最高で2年間に350ミリシーベルトまでの被ばくが認められることになる。

 面談に先立ち保安院は、東京電力に対し、今後の収束作業で50ミリシーベルト以上の被ばくをする作業員が何人出るか予測するよう指示。東電が協力企業などから予測値を集めた結果、約2千人という数字が出た。保安院側はこの数字を面談の席で厚労省側に示し、大幅緩和を求めたという。

 厚労省は福島第1での被ばく量を別枠扱いにすることは拒否した。代わりに、福島第1での被ばく量が50ミリシーベルトを超えても、これまでなら1年間、他の原発で働けなくなるところを、5年間で100ミリシーベルトを超えない範囲なら作業を続けてもよいと認めた。4月25日付で保安院に伝えた。

 保安院の森山善範原子力災害対策監は「一義的には作業員の被ばく管理が保安院の役割。一方、事故収束も大切で、緩和を求めた。東電の懸念を踏まえた対応だが、東電から正式に要望されたことはない」と述べた。被ばく人数の予測については「(事故当初は)今後の見通しが立っていないことから、大まかな概算しかできなかった」と、根拠が薄いことも認めた。
中日新聞:2011年7月28日

クリックをお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
人気ブログランキングへ


【社説】東電賠償案 株主責任はどうする
東京新聞:7/28 

  東京電力福島第一原発事故の賠償法案について与野党が修正案で合意した。
修正案は株主や金融機関の責任を問わないばかりか、税金投入まで盛り込んだ。これでは国民負担が一層、重くなる。

 放射性セシウムで汚染された稲わらを食べた肉牛が各地で出荷停止になっているように、原発事故の被害は拡大する一方だ。巨額の賠償負担を考えれば、東電が事実上、すでに債務超過なのはあきらかである。

 株式会社の原則に照らせば、破綻状態にある東電の処理は経営者と社員、次いで株主、金融機関が負担を分担しなければならない。ところが法案は当初から株式を100%減資せず、銀行の債権放棄も求めていなかった。

 政府・民主党と自民党、公明党の協議でまとまった修正案をみると、問題の核心部分だった株主責任と銀行の貸し手責任は結局、事実上不問に付されている。

 わずかに「機構は…原子力事業者による関係者に対する協力の要請が適切かつ十分なものかどうか確認しなければならない」との条文が追加されたが、これでは形だけだ。実質的な意味はない。

 その結果、本来なら五兆円前後に上るとみられた株主や銀行の負担が、最終的には電気料金引き上げの形で国民の肩にのしかかる話になってしまった。

 それだけではない。

 新設する賠償機構に国が交付国債を発行して東電が必要に応じて現金化し、後で長期返済する仕組みだったが、修正案は加えて「機構に国が資金を交付できる」と改めた。つまり税金である。

 これで東電は今後、どんなに資金難に陥ったとしても、交付国債の現金化だけでなく税金の直接投入で生き延びることが可能になった。絶対安心の生命維持装置を確保したも同然だ。

 自民党内には「今回の措置は一時的なもので、将来は東電を破綻処理できる二段階方式」と評価する声もある。法律の施行状況を後で検討する付則が盛り込まれたためだが、こちらも形だけにすぎない。

 こんな法案になったのは、既得権益を守りたい霞が関と東電、関係金融機関が菅直人政権の足元を見透かしていたためだ。市場経済の根幹を踏みにじるような妥協でお茶を濁した自民党と公明党の責任も重い。

 東電の地域独占を許したままでは発電会社の新規参入も進まず、再生可能エネルギー促進という菅政権のかけ声がむなしく響く。


クリックをお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
人気ブログランキングへ

損失余命、国民1人0・6日 原発事故の健康被害

 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質が将来にわたって引き起こす健康被害は、工場や自動車などからの大気汚染が1年間にもたらす被害に相当するとの試算を、東京都市大の伊坪徳宏准教授(環境評価学)が28日までにまとめた。

 「損失余命」という数値で病気や環境汚染などの影響を評価する「DALY」という国際的な指標では、余命の損失は約20万年分に上るという。

 これは、国民1人当たりだと約0・6日の損失となる計算だが、実際の影響は、放射性物質に多くさらされた人で大きく、将来にわたって影響が表れる可能性もある。
共同通信:7/28
--------------------------------------
東電、政府のこの損失余命に対する損害賠償額はいくらになるの・・・
損失余命とは、余命短縮のことで、死亡する年齢が早まることを意味した指標です。損失余命を使うと異種の健康リスクの相互比較が可能になります。

クリックをお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
人気ブログランキングへ

スローな民主主義にしてくれ

論壇時評/〈高橋源一郎〉情報公開と対話                       
朝日新聞:7/28


 『100000年後の安全』(〈1〉)は、フィンランドの、地下500メートルに建設される放射性廃棄物の最終処分場についてのドキュメンタリー映画だ。カメラは、施設最奥にまで入りこみ、監督は、建設に関わる人びとにインタビューする。ほんとうに安全なのか。未来の人びとに、どう警告するつもりなのか。鋭い質問に、関係者たちは、時に絶句し、考えこむ。そして、彼らは最後に、「自分のことば」で答えようとする。

 その応答を見て、観客は、質問する者と回答する者がいわゆる「反原発」派と「原発推進」派であることを忘れる。なぜなら、双方に、会話を成り立たせようという強い意志が感じられるからだ。製作者の意図とは異なるかもしれないが、徹底した「情報公開と透明性」を貫く、フィンランドという国の民主主義のあり方の方に、ぼくは強い印象を受けた。

 日本と同様、国策として原発を推進するフランス国家を代表してジャック・アタリは「100%の透明性ですべてを公表せよ」と発言している(〈2〉)。
 「民主主義国家でなければ、いかなる国でも原子力エネルギーを使うべきではないと思います。私からみれば、民主主義は原子力エネルギーを使う必須条件です。原子力エネルギーは透明性を意味するからで、透明性がなければ民主主義国家ではありません」というアタリのことばが正しいなら、日本は民主主義国家ではなく、原子力エネルギーを使う権利も能力ももたないことになる(いったん事故を起こすと制御不能な原発は、民主主義の下では不可能、という考え方もあるが)。

だとするなら、日下公人の「『町営原発(株)』設立のすゝめ」(〈3〉)も、夢想ではなく、情報公開と透明性を拒み続ける政府や電力会社に、もはや原子力を託することはできないという憤りの発露として読むことができる。

 震災と原発事故は、この国の民主主義の重大な欠陥を炙(あぶ)りだした。では、どうすればいいのか。 (以下続き参照)

たかはし・げんいちろう 1951年生まれ。明治学院大学教授。原発が登場する新作小説を執筆中。

〈1〉マイケル・マドセン監督(2009年)
〈2〉「フクシマ問題は“原子力の危機”にあらず」(Voice8月号)
〈3〉Voice8月号

たかはし・げんいちろう 1951年生まれ。明治学院大学教授。原発が登場する新作小説を執筆中。

クリックをお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
人気ブログランキングへ

続きを読む

資源エネルギー庁が2008年度から報道機関の原発関連記事を監視

7月27日、MBSラジオ「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏が出演

・松本市で核兵器の国連軍縮会議が開幕、 IAEA国際原子力機関の事務局長の天野さんが演説
天野:「世界的に原子力利用はこれから何十年も広がっていく」
小出:「あきれます」
・福島第一原発の3号機の放射線量をロボットが調べた。
・経済産業省資源エネルギー庁が2008年度から報道機関の原発関連の記事を監視する事業を行っていた。



クリックをお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
人気ブログランキングへ


汚染水、年内ゼロ黄信号 処理施設稼働率、5割に低迷
朝日新聞:2011年7月28日

 東京電力は27日、福島第一原子力発電所で、高濃度の放射能汚染水を浄化する処理施設の稼働率が2週続けて50%台になったと発表した。浄化した水を原子炉に戻して燃料を冷やす「循環注水冷却」システムが動き出して27日で1カ月だが、トラブルが相次いで停止が重なり稼働率が目標の90%に達する見込みはまだない。低迷が続けば、年末までに汚染水をゼロにする計画は難しくなる。

 東電によると、26日までの直近1週間の稼働率は58%で、前週の53%からそう変わらなかった。運転開始から通算の稼働率も63%で累積処理量は約3万トン。東電は当初、7月の稼働率を80%と見込んでいた。その後70%に下方修正したものの達成できない状況だ。

 8月からは90%を目標にしようとしていたが、それも当面は70%にとどめることにした。

 このため汚染水は思うように減っていない。台風の雨や、処理施設の停止を補うためダムからの原子炉への注水が加わり総量は逆に約3千トン増えた。現時点で12万650トン。汚染水を貯蔵する集中廃棄物処理施設も容量に近づいている。

 システムの配管は総延長が4キロで、複雑に引き回されている。東電は工程表が目指す原子炉の安定冷却状態(ステップ1)を達成しようと急ぎ、試運転をできる限り省いて本格稼働にこぎつけた。

 その結果、稼働後も水漏れや設計ミスの発覚が相次いでいる。24日にも、処理した汚染水から海水による塩分を取り除く淡水化装置が、設置時の水位設定ミスで自動停止した。

 浄化装置の配管を通る汚染水の流量も7割ほどに落ち込んでいる。配管の内側に汚染水に混じった汚泥がこびりつき狭めている可能性があり、別の配管を設けることを検討している。

 東電は東芝などが開発した浄化装置「サリー」を8月に導入予定。米キュリオン社製の浄化装置に似た構造で、既存の装置と併用して運転をより安定化させる。淡水化装置の追加の設置も進めている。

 原子炉に注水した水は汚染水になるため、処理量が注水量を下回ると汚染水は増える。1号機や2号機の倍以上の水を入れている3号機について、注水方法を変更して注水量を減らすことも検討中だ。(今直也、杉本崇)

クリックをお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
人気ブログランキングへ


このページのトップヘ