No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

原発関連ブログ 最新記事!

 ◇経営圧迫と園側悲鳴

 東京電力福島第1原発事故で放射線量が比較的高い柏市で、一部の私立幼稚園が除染費用の部分負担を保護者に求めた。保護者から「東電に請求すべきだ」との声が出る一方、幼稚園は「東電が払うか分からない中、園児の安全を優先した。予想外の臨時出費で、経営を圧迫している」と悲鳴を上げる。

続きを読む

2011年9月1日、被曝労働者を追い続けるフォトジャーナリスト樋口健二氏が、原子力資料情報室(CNIC)(HP)のUstreamに出演して、被曝労働の実態について詳細を写真や取材経験を交えて語りました。

2011/9/1 CNIC ゲスト 報道写真家 樋口健二氏 原発被ばく労働について


続きを読む

 東京電力が大規模サッカー施設を福島県に寄贈したことをきっかけに苦情や多額の寄付要求が相次いだため、東電が同県郡山市、新潟県柏崎市、刈羽村に計130億円分の寄付をしたことが分かった。

そのうち郡山市には寄付の名目がたたないため、県所管の財団をトンネルに使って渡していた。原発マネーへの依存が連鎖し、不明朗な手法も使われた実態が明らかになった。

続きを読む

 民主党政権の公務員制度改革などを批判し閑職に追いやられ、枝野幸男経済産業相から退職を勧められて受け入れた経産省の官僚、古賀茂明氏(56)=大臣官房付=が16日、辞めるのをやめると表明した。

続きを読む

野田佳彦首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が15日、衆参両院本会議で行われた。衆院で首相は、中長期のエネルギー政策を議論する「総合資源エネルギー調査会」(経済産業相の諮問機関)について「これまでの政策に批判的な委員の数を増やす」と述べ、原発に批判的な委員を積極的に起用する意向を示した。
続きを読む

 東京電力が、福島第1原発事故に伴う損害賠償に向け、被害者に申請書類の発送を始めた。早ければ10月初めから賠償金が支払われる。事故発生から半年がたつ。被害者救済のため、手続きを円滑に進めてほしいが、枝野幸男経済産業相の発言が、気がかりだ。

 枝野経産相は会見で、今週発足した「原子力損害賠償支援機構」に関連し、「支援の目的に債権者や株主の保護は入っていない。支援がなかった場合に生じたであろう負担については、当然負担していただく」と述べた。

続きを読む

このページのトップヘ