No Nukes 原発ゼロ

福島原発事故を契機に「原発」及び「気になるニュース」をキーワードとした情報収集を始めました。私のスクラップブックです。(by iwane)

原発関連ブログ 最新記事!



8月は私たちにとって大切なことを心に刻む月でもあります。決して忘れてはいけないあの戦争のこと、これからの平和のこと、そして人の生き方などについてジャーナリストの鳥越俊太郎さんと語り合います。
2014/08/03TBSラジオ「今晩は吉永小百合です」にて

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒



7月28日
歌手/ 森進一さん
辺野古基金/ 菅原文子さん
作家/ 雨宮処凛さん
作家/ 澤地久枝さん
東大名誉教授/ 上野千鶴子さん

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒
 


新潟選挙区の野党統一候補として当選した森ゆうこ氏も、参議院事務所で議員登録の手続きをしたと報告があった。選挙中の市民グループとの約束で、生活の党にすぐに戻る訳ではなく、当面無所属で活動するということである。早速、鳥越氏の応援に参加すると述べていた。森氏が国会に戻ってきたので、国会も面白くなってきた。

都知事選もいよいよ佳境に入った。赤旗新聞によると、小池百合子氏は「安保法成立は遅きに失した」と述べたそうである。まさに、国会議員からなる「日本会議国会懇談会」の副会長だけある。増田氏などよりは余程、右翼に近い人物である。平和、平和というのは、神学の話という。こんな連中がいるから、ISから狙われるのだ。

また小池氏は、「私は沖縄県知事になる」訳ではないので、自民と敵対するものではないとうそぶく。沖縄に自公議員が居なくなったことをどう考えているのか?沖縄の民意は自民にNoと言っていることを、どう考えているのか?自分と違う民意などは糞くらえと思っているのだろう。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒
 
続きを読む

2016/07/27 15:15から新宿駅新南口前(新宿バスタ前)で行われた、鳥越俊太郎 東京都知事候補の街頭演説会の模様です。


■応援弁士

杉尾秀哉氏 民進党・参議院議員
岡田克也氏 民進党代表・衆議院議員

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒


オリンピック費用、招致当時は3000億円、今、1兆8000億円

小池百合子も、オリンピックの資材高騰と言っていることから、今の額より上がる恐れ十分だ。
知らないうちに2兆円超すんじゃないか?
8ea3617ab60f4fe36b3b35087ada19ca
識者と称する人間は、他のオリンピック開催国も当初予算より、でき上がった時は上乗せされていたと言うが、そんなの後付けだ。

視点が国民の方を向いていたら、、他の都市のオリンピックが出来上がった時、予算オーバーだったら東京こそ、まともに運営できるように懸命になるはずだ。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

n-ISLAMIC-STATE-JAPAN-large570 作家・室井佑月氏は、週刊朝日で連載中のコラム『しがみつく女』で、現役大臣を落選させたのは共産党の手柄だと讃える。

*  *  *
 参議院選後の記者会見で民進党の岡田代表がこう語っていた。

「がちんこで戦って(3分の2を)取られたら敗北したということだが、(首相が)逃げて逃げて戦いになってない。堂々と議論すべきでなかったか」

 この言葉を、見苦しい言い訳という人もいるだろう。けど、あたしはこれが真実なのだと思う。

 今回の選挙は争点がよくわからなかった。なにしろ、岡田代表が言うように、かみあっていない。与党側は争点を経済・景気・雇用とし、野党側は改憲阻止を訴えた。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

2016年7月27日
 
 三十一日の投票日に向けて、東京都知事選は終盤戦に入った。個々の当面の政策課題は論じられているが、首都の将来像は見えてこない。未来へどんな都市を引き継ぐのかも併せて発信してほしい。

 都民を対象にした先週末の東京新聞(中日新聞東京本社)の世論調査では、投票に必ず行くと答えた人は七割を超えた。高い関心を投票行動に結びつけたい。

 元防衛相で前自民党衆院議員の小池百合子氏(64)がリードし、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)、前岩手県知事で元総務相の増田寛也氏(64)の二人が追う形で展開されている。

原発再稼働に反対の方、応援クリックを!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒

続きを読む

このページのトップヘ